1. トップ
  2. 2017年3月

2017年3月全10件

最新記事

IBMが「不正な添付ファイルを用いた攻撃が2.5倍と、引き続き増加」と発表
日本IBMは、3月17日、同社のセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)において観測された情報に基づく「2016年下半期Tokyo SOC情報分析レポー...(続きを読む
2017年3月29日
IBMが「不正な添付ファイルを用いた攻撃が2.5倍と、引き続き増加」と発表
No More Ransom(ノーモアランサム)とは
No More Ransom(ノーモアランサム)とは、セキュリティベンダーであるカスペルスキー社とインテル セキュリティ(マカフィー)社の2社が、欧州刑事警察機...(続きを読む
2017年3月27日
No More Ransom(ノーモアランサム)とは
「安全なウェブサイト運営入門」にOSコマンド・インジェクションの脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)が提供するソフトウェア「安全なウェブサイト運営入門」にOSコマンド・インジェクションの脆弱性が存在することが判明し、3月...(続きを読む
2017年3月24日
「安全なウェブサイト運営入門」にOSコマンド・インジェクションの脆弱性
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、すでにカード情報流出事案も発生
JavaのWebアプリケーションを作成するためのフレームワーク「Apache Struts」のバージョン2系列(Apache Struts 2)に、深刻な脆弱性...(続きを読む
2017年3月23日
「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性、すでにカード情報流出事案も発生
IDDoS攻撃とは
IDDoS攻撃とは、IoT機器を使ったDDos攻撃のこと。 2016年は、防犯カメラなどのネットワークカメラや家庭用ルーター、デジタルビデオレコーダといったネッ...(続きを読む
2017年3月22日
IDDoS攻撃とは
ハッシュ関数「SHA-1」の衝突攻撃(SHAtterd)について注意喚起
3月7日、フィッシング対策協議会は、代表的なハッシュ関数のアルゴリズムの一つ「SHA-1」の衝突攻撃(SHAtterd)に関する注意喚起を公開した。 これは、G...(続きを読む
2017年3月15日
ハッシュ関数「SHA-1」の衝突攻撃(SHAtterd)について注意喚起
2月はマイクロソフトやLINE、Apple等をかたるフィッシングにより報告件数が増加
3月1日、フィッシング対策協議会は、2017年2月の月次報告書を公開した。 これによると、フィッシング報告件数は783件となり、前月の736件より47件増加した...(続きを読む
2017年3月14日
2月はマイクロソフトやLINE、Apple等をかたるフィッシングにより報告件数が増加
2017年2月のIT総括
2017年2月のIT総括 2017年2月に話題となったIT関連のトピックスにつき、概要と参考URLを記していきます。 「WordPress」のREST APIに...(続きを読む
2017年3月 6日
2017年2月のIT総括
ペイロード(payload)とは
ペイロード(payload)とは、パケット通信における正味のデータ部分を指す。伝送されるデータに含まれるヘッダーやメタデータなどの付加的情報を除いたデータ本体の...(続きを読む
2017年3月 2日
ペイロード(payload)とは
マイクロソフトが、IE/Edge向け「Flash Player」のセキュリティパッチを定例外で公開
マイクロソフトは、2月22日(日本時間)、定例外アップデートとして、更新プログラム(KB4010250)に関するセキュリティ情報「MS17-005」を公開した。...(続きを読む
2017年3月 1日
マイクロソフトが、IE/Edge向け「Flash Player」のセキュリティパッチを定例外で公開

もっと見る(5件を追加)