1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. K子のちょっとセキュアな日常 Vol.06 スマホを狙うウィルスに気をつけて

K子のちょっとセキュアな日常 Vol.06 スマホを狙うウィルスに気をつけて

K子のちょっとセキュアな日常。オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説

K子のちょっとセキュアな日常4コマ

K子のちょっとセキュアな日常4コマ
クリックで拡大

スマートフォンはパソコンと同様のセキュリティ対策が必要です

こんにちは。傘と長靴を新調したK子です。

ユミコ先輩から「ウィルス感染を防ぐために怪しい添付ファイルは開かない」と教わったので、教えを守ってスマホに届いたメールの添付ファイルを開かずにいたら、業務上の資料まで見逃して叱られちゃいました。うえーん。

スマートフォンの最大の特徴は、誰でも自由にアプリやサービスを開発できるオープン性や、パソコンと同様の利便性という点です。PDFやWord、Excelといったビジネスでよく利用されるファイル形式も表示できることから、ビジネスに活用している人も多いでしょう。一方で、ウィルスによる被害も広がっています。ウィルスに感染することにより、スマホ内の個人情報が外部に送信されるといった可能性があります。ウィルスの主な感染経路は、アプリやそのアプリで使うファイルから侵入することが多いようです。

スマホで使うアプリは、原則として、公式の流通プラットフォーム(「GooglePlay」や「App Store」など)で公開されている提供元が確かなもののみをインストールしましょう。

Android端末では、正規のGoogle Play以外のアプリをインストールできないように設定することが可能です。また、不審なメールの添付ファイルを開いたり、迷惑メールなどに記されたURLをタップしたりしないようにしましょう。しかし、正規の流通プラットフォーム上で流通するアプリがウィルスだった例もあります。そこで、スマートフォン向けのセキュリティソフトを導入することでセキュリティを高めることが可能です。

iPhoneでは、OSに備わっているセキュリティ機能を外し、App Storeで公開されていないアプリを利用できるような「JailBreak(ジェイルブレイク=脱獄)」は絶対に行わないようにしましょう。

最後に、今回の私のように、業務上の用件のメールで、添付ファイルを開くべきかどうか判断に迷ったときは、事前に送信者に確認するようにすることが大事なのですね。日々精進です。

K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
関連キーワード:

Android

スマートフォン

  • Instagram(インスタグラム)のAndroid版アプリに見せかけたマルウェアに注意
  • カテゴリートップへ
  • 2012年5月のIT総括