1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. K子のちょっとセキュアな日常 Vol.08 Facebookのスパムアプリに注意

K子のちょっとセキュアな日常 Vol.08 Facebookのスパムアプリに注意

K子のちょっとセキュアな日常。オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説

K子のちょっとセキュアな日常4コマ

K子のちょっとセキュアな日常4コマ
クリックで拡大

FacebookのみならずSNSの友人関係を標的にしたスパムやマルウェア拡散が後を絶ちません

こんにちは。夏休みの予定をどうしようか考え中のK子です。

ユミコ先輩から「SNS経由でスパムやマルウェアの被害に遭わないよう、よくわからないリンクはクリックしない」と教わったので、教えを守って投稿ごと削除していたら、タイムライン上に情報がまったく流れなくなってしまいました。うえーん。

私のようなケースは極端な例ですが、利用者が増えているSNSを標的に、友人関係(ソーシャルグラフ)を悪用してスパムやマルウェア拡散が行われる事例は後を絶ちません。たとえば、Facebookでは、友達リクエストを装ってマルウェアに感染させようとする手口をはじめ、動画が見られる、飲食店の無料クーポンが入手できると騙って、投稿内容からWebブラウザのプラグイン(実際はマルウェア)をインストールするよう仕向ける手口などが報じられています。

スパム化したFacebookアプリにも注意が必要です。友人経由で回ってきたアプリ(実はスパム)をうっかり承認してしまい、結果として、別の友人にスパムを拡散させてしまうという手口がしばしば発生しています。アプリが信頼できるものかどうかを見分けるには、「承認する」を押さず、アプリのタイトルをコピー&ペーストしてWeb検索し、信頼できるアプリかどうかを確認するといった方法があります。

Facebook上で承認したアプリの削除方法は、表示されている画面の右上の三角タブをプルダウンして「プライバシー設定」をクリック。「広告、アプリ、ウェブサイト」の「設定と編集」をクリックし、利用しているアプリの「設定を編集」をクリックして「アプリ設定」の画面から不要または不適切なアプリを削除しましょう。

Facebookだけでなく、TwitterなどのSNS、掲示板やブログなど、他のソーシャルメディアを利用する際は、不審なリンクはクリックしないというのが原則です。友人が投稿したものであっても、つぶやきや、メッセージ等に記載されたURLは安易にクリックしないといった対応を改めて心がけましょう。判断に迷ったときは、事前に投稿した友人に確認することも大事なのですね。リスクを理解した上で、有効にSNSを活用しましょう。日々精進です。

K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
関連キーワード:

Facebook

Twitter

スパム

ソーシャルメディア

  • すがやみつる氏が語る「創作の源にある新しいモノへの好奇心」(後編)〜パソ通黎明期のセキュリティ話とマンガを学ぶこと〜
  • カテゴリートップへ
  • 本日より「K子(ケイコ)のセキュリンピック2012」がスタート!!