1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. K子のちょっとセキュアな日常 Vol.18 スマホのセキュリティ制限を外す行為(JailBreak)はしちゃダメ!

K子のちょっとセキュアな日常 Vol.18 スマホのセキュリティ制限を外す行為(JailBreak)はしちゃダメ!

K子のちょっとセキュアな日常。オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説

K子のちょっとセキュアな日常4コマ

K子のちょっとセキュアな日常4コマ
クリックで拡大

JailBreakによりウィルス感染などのリスクが高まるので絶対にしないようにしましょう

「一姫二太郎」は女の子1人、男の子2人という意味だと思っていたK子です。

コンピューター機器等を、メーカー側が意図していない方法で使えるような状態にする行為を「JailBreak(ジェイルブレイク)」と言います。狭義の意味では、iPhoneをはじめとするiOS搭載のモバイル端末に、アップル社が承認したアプリ以外の独自アプリをインストールできるようセキュリティの制限を解除することを指します。なお、Android端末において、メーカー側があらかじめ設けたセキュリティの制限を解除する行為は「root化」などと呼ばれます。

JailBreakには専用のツールを使う場合が多いですが、これらの作者の多くは一般のユーザーにとって素性のはっきりしない個人や団体のようです。仮に、JailBreakツールの作者に悪意があると、ツールを利用することにより、ユーザーは通常のマルウェア以上の大きな被害を受ける可能性があります。また、ツール作者に悪意がないとしても、Jailbreakにより端末の管理権限(ルート権限)が変更され、OSのセキュリティ制限が解除されることにより、ウィルスに感染する可能性が増大し、予期せぬセキュリティホールから個人情報を盗まれてしまう可能性もあります。

これは、セキュリティ面を考えても極めて危険なことであり、また、JailBreakを施した端末はメーカーのサポート対象外となる可能性もあります。スマホユーザーは絶対にJailBreakやroot化をしないようにしましょう。もちろん、「OSを最新の状態に保つ」といった基本的なセキュリティ対策をあわせて行うことも大切です。

そして、スマホで使うアプリは、原則として、公式の流通プラットフォーム(「GooglePlay」や「App Store」など)で公開されている提供元が確かなもののみをインストールしましょう。日々精進です。

K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
関連キーワード:

JailBreak

root化

スマートフォン

  • IPAが「情報セキュリティの脅威に対する意識調査」の報告書を公開
  • カテゴリートップへ
  • 藤川真一氏に聞く「えふしん流・モバイルとネットコミュニケーションの読み解き方」(後編)