1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.4 パソコンを使うときはOSやソフトウェアを常に最新の状態に保とう

【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.4 パソコンを使うときはOSやソフトウェアを常に最新の状態に保とう

U子のセキュリティはじめまして!意外と知らない日常生活のセキュリティ

U子のセキュリティはじめまして!4コマ

U子のセキュリティはじめまして!4コマ
クリックで拡大

パソコンの脆弱性対策は、ウィルス対策と併せて必ず行いましょう

こんにちは。K子の妹のU子です。大学生になりパソコンを買いました。この間、お姉ちゃんに「ブラインドタッチを覚えたい」といったら、なぜか窓の内側につけるブラインドを買ってきてくれました。

さて、新しく買ってきたパソコンは、開梱した状態でそのまま使うことは大変危険です。電源を入れて、ネット接続の準備ができたら、まずOSやソフトウェアの状態を最新にし、セキュリティホール(脆弱性)をふさぎましょう。Windowsであれば「Windows Update」、Macであれば「ソフトウェア・アップデート」を適用し、最新の状態にします。

また、パソコン内のソフトウェアが最新かどうかを確認できるツールもあります。Windowsであれば「MyJVNバージョンチェッカ」というツールが無料で利用できます。これは、簡単な操作でパソコン内のソフトウェアが最新の状態かどうかを確認できるもので、こうしたツールもあわせて活用することが大事なので覚えておきましょう。

そして、ウィルス対策ソフトも必ず導入しましょう。この際、大事なことは、必ず最新バージョンのソフトを利用することと、ウィルス定義ファイルを常に最新の状態に保つことです。古いバージョンのソフトや定義ファイルをそのまま使い続けると、ウィルス検知の精度が低くなり、ウィルス感染のリスクが高まるからです。

最近では、Windows XPのサポートが1年後の2014年4月8日で終了予定であることが改めて報じられました。サポートが終了したソフトウェアを使い続けると、脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されず、パソコンのセキュリティ状態を最新に保つことができません。脆弱性を解消しないパソコンで悪意あるWebサイトにアクセスすると、閲覧しただけでウィルスに感染するといった危険性があるため、サポートが提供されているOSやソフトウェアを使い、常に最新の状態に保つことをを心がけましょう。

脆弱性対策は、ウィルス対策と併せて、車の両輪のようなものです。パソコンを上手に安全に使う上で、なくてはならないものなのですね。

MyJVN - MyJVN バージョンチェッカ
脆弱性対策情報共有フレームワーク - MyJVN
ウィルス対策ソフトを正しく使おう | 日立ソリューションズの情報セキュリティブログ
最新のOSやブラウザの機能を利用する | 日立ソリューションズの情報セキュリティブログ

U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
関連キーワード:

ウィルス対策ソフト

セキュリティホール

脆弱性対策

  • Macを標的にしたスパイウェアが確認される
  • カテゴリートップへ
  • 大阪府警が「偽サイト」非表示へセキュリティ対策企業7社と連携