1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. K子のちょっとセキュアな日常
  3. 【K子番外編】新入社員YO介のどうする?セキュリティ Vol.5 「無人のデスク」から情報を漏えいさせないように注意!

【K子番外編】新入社員YO介のどうする?セキュリティ Vol.5 「無人のデスク」から情報を漏えいさせないように注意!

新入社員YO介のどうする?セキュリティ

新入社員YO介のどうする?セキュリティ4コマ

社内には様々な機密情報があります。まずはセキュリティポリシーを確認し、デスク周辺の情報管理を徹底しよう

K子の部署に配属された入社1年目のYO介君。

午前中の仕事が長引いて昼休みが残り少なくなってしまったYO介君。急いで食事に出ようとパソコンを作業状態のまま席を立とうとしています。果たして、この対応で良いのでしょうか。

企業や組織等の内部からの思わぬ情報漏えいを防ぐため、デスク周りのセキュリティ管理は重要なポイントです。情報漏えいを防ぐためのセキュリティ指針として、机の上に機密情報を放置しないことなどを定めた「クリアデスクポリシー」や「クリアスクリーンポリシー」といった指針があります。

「クリアデスクポリシー」は、デスク周辺のセキュリティ管理に関するガイドラインで、書類やノートパソコンなどの盗難による情報漏えいを未然に防ぐために、退勤時から出社時までノートパソコンをセキュリティの確保された場所に保管しておくことや、離席時に机上の機密書類をしまうといったことを推奨しています。

「クリアスクリーンポリシー」は、パソコンの不正な操作や盗み見などによる情報漏えいを防ぐために、食事などで長時間自席を離れる際には、パソコンをロック状態にすることや、ディスプレイの周辺にパスワードを書いたメモを貼らないことなどを定めたセキュリティ指針です。

所属する組織等によっては、こうした指針をもとにセキュリティポリシーを定めているところがあるので、よく確認して遵守するようにしましょう。また、昼食などで席を離れるときは、お腹がすいていても、あわてずにパソコンをログオフする、あるいは、パスワード付きのスクリーンセーバーを設定しておき、パソコンをロック状態にして、他の人に触られないようにしましょう。また、仕事が終わって退社するときには、パソコンの電源を切る、ノートPCは机の引き出しなどに収納する、あるいは盗難防止のワイヤーロックやアラームを装着し、厳重に保管するといった対応を忘れないようにする必要があります。

社内にはさまざまな機密情報があることを認識し、無人のデスクから機密情報が盗み出されないよう細心の注意を払いましょう。

離席中のデスクからの情報漏えいを防ぐために

オフィス内は思わぬ情報漏えいの危険がいっぱい(K子のちょっとセキュアな日常)

新入社員YO介のどうする?セキュリティ。バックナンバーはこちら
こんなときどうする?!K子の後輩YO介と学ぶビギナー向けセキュリティ劇場
K子のさらにセキュアな日常。バックナンバーはこちら
帰ってきたK子シリーズ。さらにセキュアな話題を紹介します。
K子のちょっとセキュアな日常。バックナンバー!!
オフィスで気をつけるセキュリティのポイントを解説
U子のセキュリティはじめまして!バックナンバーはこちら
意外と知らない?!日常生活のセキュリティ講座
関連キーワード:

クリアスクリーンポリシー

クリアデスクポリシー

スクリーンセーバー

パスワード

ログオフ

  • Google DocsやGoogleドライブを用いた巧妙なフィッシング詐欺に注意
  • カテゴリートップへ
  • IPAが「2014年版 情報セキュリティ10大脅威」を公開