延長サポート終了が近づく「Windows Vista」「Office 2007」のソフト移行をIPAが呼びかけ

延長サポート終了が近づく「Windows Vista」「Office 2007」のソフト移行をIPAが呼びかけマイクロソフト社が提供する「Windows Vista」の延長サポートが2017年4月11日に終了する。また、「Office 2007」の延長サポートも2017年10月10日に終了することから、IPAは2月10日、後継システムへの速やかな移行を呼びかけた。

サポートが終了したOSやソフトウェアを使い続けると、脆弱性が発見されても更新プログラムが提供されず、パソコンのセキュリティ状態を最新に保つことができない。このため、脆弱性を解消しないパソコンで悪意あるWebサイトにアクセスすると、閲覧しただけでウィルスに感染するなどの被害に遭う可能性がある。

IPAによると、脆弱性対策情報データベース「JVN iPedia」には、2006年から2016年までの間、「Windows Vista」の脆弱性対策情報が1,032件、「Office 2007」の脆弱性対策情報が127件登録されている。発売から10年以上経過しても脆弱性は発見されており、件数も減少しているとはいえないため、サポート終了後も脆弱性が発見される可能性がある。

IPAは、企業などのIT管理者、および一般の利用者に対し、使用するソフトウェアのライフサイクルを念頭に置きながら、以下のような必要なセキュリティ対策を行い、安全な運用の維持を心がけるよう呼びかけている。

・サポート終了後のソフトウェアを継続使用しない
・サポートされているソフトウェアに移行する
・利用中のソフトウェアは常に更新プログラムを適用し、最新の状態を保つ

なお、主要OSおよびオフィスソフトのバージョンごとの延長サポート終了日は以下の通りだ(2017年2月現在)。

<OS>
Windows Vista:2017年4月11日
Windows 7:2020年1月14日
Windows 8/8.1:2023年1月10日
Windows 10:2025年10月14日

<オフィスソフト>
Office 2007:2017年10月10日
Office 2010:2020年10月13日
Office 2013:2023年4月11日
Office 2016:2025年10月14日

延長サポート終了を控える「Office 2007」および「Windows Vista」の速やかな移行を:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
サポート終了の重要なお知らせ - Office 2007、Exchange Server 2007、SharePoint Server 2007、Visio 2007、Project 2007(マイクロソフト)
Office 2007のサポート終了まで6カ月 「移行」など対策迫る(ITmedia)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

あなたへのオススメ

人気記事ランキング