チェーンメール「神の手雲メール」に注意

ドイツのセキュリティ対策企業G DATA Software社によると、空に2つの手の形をした(ように見える)雲が写った画像が添付された「神の手雲メール」がチェーンメール化しており、メールに記載されたリンク先ではマルウエアなどに感染する可能性があるとして注意を喚起しています。

神の手雲メールに注意 マルウェア感染の可能性も(ITmedia)

このメールは「7人に送ると幸せになる」等のメッセージとともに、以下のような2つの手の形をした雲が写った画像が添付されたチェーンメールです。記事によると、4〜5年以上前に海外で作成された合成写真と推測されているものの、発生源は分かっていません。

神の手雲の画像
神の手雲の画像(記事より転載)

同社によると、今回の注意喚起はSNSのmixi上でこのメールが出回ったことを受け、影響力を考慮して発表されたものだとのこと。

不特定多数の間を転送されるこうしたチェーンメールのリンク先にはマルウエアを仕掛ける手口や、フィッシングなどに悪用される可能性が考えられるということで、いずれにせよこうしたチェーンメールは、メールに記載されたURLを不用意にクリックしたりせず、たとえ転送することを強く求められたとしても転送せずに削除することが大事です。

あなたへのオススメ

人気記事ランキング