ライフスタイル認証とは

ライフスタイル認証とは、IoTやビッグデータを活用し、スマートフォンなどのモバイル端末に蓄積された行動履歴データを分析することで個人を特定、本人確認を行う次世代認証技術のこと。

東京大学大学院情報理工学系研究科 ソーシャルICT研究センターが民間企業と連携し、2017年1月から5万人規模の実証実験を行う。

現在、主流となっているパスワード認証に代わる認証技術として期待されており、実証実験では、マンガ閲覧アプリや電子チラシアプリなどの既存の商用サービスと連携、閲覧時間や閲覧した内容など、「いつ」「どこで」「何をしたか」というユーザーの行動履歴を詳細に分析することで本人のパターンを推測、認証に役立てていく。

ライフスタイル認証の特徴は、パスワード認証のようにパスワードを記憶したり入力したりする必要がなく、2要素認証のようにトークンなどを持ち歩いて認証を行うことや、生体認証のように読み取り装置を用意し、指先などをタッチするといったことが必要なくなる点だ。

将来的には、スマホアプリへのログインやECサイトでの購入決済などに利用することや、スマホを持ち歩くだけで、リアル店舗で買い物ができるような利用シーンが考えられる。

データ分析の精度を高めることで認証精度を高める技術的な課題や、モバイル端末の紛失、盗難などのリスク、個人のプライバシー情報の活用をどこまで許容するかという合意形成など、商用化に向け乗りこえるべき課題はあるものの、パスワード認証に代わる安心、安全な認証の仕組みとして、今後ますます注目を集めそうだ。

あなたへのオススメ

人気記事ランキング