1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. お知らせ
  3. 「全て同じ」が優勢!?−「パスワード」についての投票企画−

「全て同じ」が優勢!?−「パスワード」についての投票企画−

毎月恒例の「セキュリティ投票企画」。11月のテーマは「パスワード、どうしてますか?」でした。

■設問順
IDごとに別々のパスワードを記憶している=33.3%
全てのIDで同じパスワードにしている=37.5%
紙に書いて記録している=14.6%
人に覚えてもらっている=2.1%
パスワードを書いた紙をモニターの脇に貼っている=2.1%
覚えきれず、忘れる=10.4%

■投票期間:11/1(火)〜30(水)

得票数では「全てのIDで同じ」が一位でした。これと「ログインごとに違う」パスワードというのが、ほぼ票を分ける結果に。心情的にはパスワードを増やしたくないというのと、セキュリティ上、異なるパスワードで管理するという基本に忠実でありたいというのが拮抗した結果と言えるでしょうか。

一つのIDでもネットワーク環境によっては、定期的にパスワードを変更しなければならない場合があるでしょう。つまり、ユーザーとしては「増えるパスワード」をどう管理するかが問題です。

さすがに「書いた紙を人目につく場所に貼る」や「パスワード自体を人に覚えてもらう」人は少数派ですね。安心しました(笑)。管理方法としては「紙に書いて記録」する人が多く、書いた紙の紛失を懸念する人は、頭に記憶しようとして、やがて「覚えきれず、忘れ」てしまうのかも知れませんね。

  • ファイルの拡張子に注意−IPAによる11月の届出状況−
  • カテゴリートップへ
  • ワンタイムパスワード認証とは