2012年2月のIT総括

2012年2月に話題となったIT関連のトピックスにつき、概要と参考URLを記していきます。

福岡市がGoogle+ページ「福岡チャンネル」を開設

福岡市は2月1日、ソーシャルネットワーク「Google+」上でGoogle+ページ「福岡チャンネル」を開設しました。日本の地方自治体では初の試みです。

同チャンネルでは、同市の魅力を紹介する動画や、市長の記者会見の動画などを配信していくということです。なお、同市では、これまでもYouTubeとニコニコ動画上に公式チャンネルを開設して動画を配信してきたほか、Twitterでも情報を発信するなどソーシャルサービスとの連携を強めています。

福岡チャンネル by Fukuoka city(Google+)
福岡市、Google+ページ「福岡チャンネル」開設、地方自治体では初(INTERNET Watch)
福岡市がGoogle+ページ開設 自治体初(ITmedia)

グーグルがプライバシーポリシーを統合

グーグル社は、3月1日より、プライバシーポリシーとサービス利用規約を変更し、全サービスでプライバシーポリシーを統一します。これは1月に発表されており、同社全体で60を超えるサービスにつき、これまでサービスごとに定められていたプライバシーポリシーを統一し、多様なサービスや機能を網羅するものです。

このプライバシーポリシー統合に関し、同社では今後、特定のサービスを通じて収集した個人の利用履歴などを、別のサービスでも利用することがあると宣言しており、この点に関して各方面から懸念が表明されるなど波紋を呼んでいます。EU27ヵ国の規制当局でつくる作業部会が導入を見合わせるよう求めているほか、競合するマイクロソフトも同社の姿勢を批判するキャンペーンを行っています。

こうした反応に対し、グーグル社はプライバシーポリシーの変更について周知徹底すべく、全ユーザーに告知メールを送信したり、ユーザーが数多く利用する各種サービスの中でも、プライバシーポリシー変更を知らせたりする告知を行っています。

ポリシーと原則(Google)
(英文)Google公式ブログによる発表
【Googleのプライバシーポリシー統合前に押さえておきたいこと】 どんな情報が保存されているのか確認する(前編)(INTERNET Watch)
グーグル個人情報方針に待った EU「調査の必要ある」(朝日新聞デジタル)
MS が Google の新ポリシーを批判、手紙を盗み見る Gmail Man も登場(Engadget Japanese)

Twitterの新UIがユーザーに適用される

Twitterは2月17日、公式ブログにて、PC向けの新しいユーザーインターフェース(UI)を公開、適用したと発表しました。これは、iPhone、Android向けに続くリニューアルで、新しいUIは2011年12月に発表され、一部のユーザーから順次適用されていたものです。

新UIでは、「ホーム」「つながり」「見つける」「アカウント」の4つのタブが用意されており、ツイートの「開く」をクリックすると添付されている画像や返信、リツイートの状況が表示されます。また、「L」とタイプすると、開いている全てのツイートを閉じることができるといった新しいキーボードショートカットも複数用意されています。

見つけよう(Twitter)
PC版、新デザインのTwitterとショートカットのご紹介(Twitterブログ)
Twitterの新UIが全ユーザーに適用 新しいキーボードショートカットも(はてなブックマークニュース)

国内初となる「SECCON CTF」が福岡で開催

情報セキュリティの知識や技術を競う「SECCON CTF」が、2月18日、19日の2日間にわたって福岡の九州工業大学で開催されました。CTF(キャプチャー・ザ・フラッグ:Capture The Flag)とは、セキュリティの知識や技術を競うコンテストの総称で、クイズ形式の問題の謎を解いたり、実験ネットワーク内で疑似的な攻防戦を行ったりするものです。

「SECCON CTF」は、国内初となるCTFで、セキュリティ対策企業や研究者など有志によるSECCON CTF実行委員会が主催しました。参加者は学生が中心で、チームを組んでクイズ形式の問題や実験ネットワーク内での疑似的な攻防戦に挑みました。

競技コンテスト開催!(SECCON CTF)
情報セキュリティの知識や技術を競う大会「SECCON CTF」、福岡で2/18から2日間開催(はてなブックマークニュース)

最新版となる「Mac OS X 10.7.3」が公開

アップル社は2月1日、Mac OS X 10.7 Lionの最新版「Mac OS X 10.7.3」を公開しました。同OSは同社Webサイトまたは「ソフトウェア・アップデート」機能を通じて入手可能です。

「10.7.3」は、Webブラウザー「Safari 5.1.3」が含まれるほか、OSの安定性や互換性の向上、セキュリティの脆弱性が修正されており、同社は、Mac OS X Lionの全ユーザーにアップデートを推奨しています。

OS X Lion 統合アップデート 10.7.3
「Mac OS X 10.7.3」アップデート公開、セキュリティ修正も含む(INTERNET Watch)

不正アクセス禁止法の改正案を閣議決定

政府は、2月21日、不正アクセス禁止法改正案を閣議決定しました。改正案では、パスワードなどの個人情報を詐取する行為に加え、フィッシングメールを送りつけたり、フィッシングを行う目的で偽のサイトを開設したりしただけでも処罰できるようにし、フィッシングサイトの開設に対する罰則は「懲役1年以下、または罰金50万円以下」と規定されました。

また、不正アクセス行為の罰則も強化し、従来の「懲役1年以下または罰金50万円以下」から、「懲役3年以下または罰金100万円以下」まで引き上げられます。

偽サイト開設を処罰 フィッシング対策で閣議決定(日本経済新聞)
「標的型メール」摘発可能に 不正アクセス禁止法の改正案を閣議決定(MSN産経ニュース)

関連キーワード:
  • hashdos(ハッシュドス)とは
  • カテゴリートップへ
  • SPF(Sender Policy Framework)とは