1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. 月イチIT総括
  3. 日常生活の利便性の裏に潜むセキュリティリスクを考える

日常生活の利便性の裏に潜むセキュリティリスクを考える

日常生活の様々なシーンにおける「個人情報漏えい」のリスクについて、興味深い記事があったので紹介したい。

振り込み用紙は“甘い蜜”――コンビニでの個人情報は安心か (1/2)(ITmedia)

記事では、日常生活に関連が深い身近な場所として、コンビニエンスストアを挙げ、振込処理における情報漏えいのリスクについて解説している。


コンビニの利便性と引き換えになっているもの…

日用品の販売から各種料金の支払い、宅配便の発送、受け取りなど、コンビニは様々なサービスの窓口としての機能を持っている。

一方で、利便性は高いものの、コスト上の要請から「個人情報の取扱い」が十分でない可能性というのも、記事のように指摘されている。

コンビニエンスストアでは、振り込みからパンや弁当の販売まで全部1つのレジで対応します。深夜では店員が1人で対応することもあります。一方、銀行では時間がかかりますが、最低3人ぐらいの専門家の手が介在して対応や処理を正確にします。必ず入金と振込用紙の金額が一致しているのかを複数の人がチェックしています。

当然ですが、処理に伴うコストや人件費が相当に違うのです。この差がコストの差につながります。銀行が「非効率」ということではありません。金融機関にとっては「お金」が商品であり、厳重すぎるということはないほど、取り扱いのプロセスを重要視しているのです。

こうした状況において、セキュリティ上の脅威の一つとして、「振込用紙を通じた個人情報の漏えい」が挙げられる。

・振込用紙に氏名や住所、電話番号といった個人情報が記載されている場合が多い
・コンビニは居住者の自宅から至近距離にあることが多い
・店舗へは振込用紙を持って本人が現れることが多い(個人情報と本人との一致)

このように、コンビニが生活に密着しているだけに、万一、重要な個人情報が漏えいした場合の危険度も、高まることが予測できるわけだ。特に、若い女性などはストーカーなどの事件に巻き込まれる可能性も考えられる。


自分の身を守る対策とは

もちろん全てのコンビニが個人情報の取扱いが十分でないということではないが、悪意を持った犯罪者に個人情報を悪用されないためには、自分の身は自分で守るという意識が必要である。

上記記事より、ポイントを箇条書きにすると以下のようになる

(1)生活の様子を知られない(電車の乗車位置、通勤ルート、立ち寄り場所などのパターンを作らない)
(2)自宅近くの店では振込処理を行わない。可能ならば銀行を利用する
(3)自宅近くの店では宅配便は使わない。送信元は可能であれば遠方の実家の住所を指定する
(4)カメラのDPEやクリスマスケーキの予約等では、フルネームを書かず苗字のみや男性名にするなどの工夫を
(5)深夜の利用は可能な限り避ける

日常生活の思わぬところで、利便性と表裏一体になったセキュリティの脅威が潜んでいる。今一度、個人情報の保護という観点で自分の周囲を点検してみたい。

  • IPAがDNSキャッシュ・ポイズニングへの早期対応を呼びかける
  • カテゴリートップへ
  • 架空の「懸賞当選」内容を送信者欄に記載する新たなスパム手口