1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. PCI DSS バージョン2.0 翻訳版 の提供開始

PCI DSS バージョン2.0 翻訳版 の提供開始

株式会社日立ソリューションズはNTTデータ・セキュリティ株式会社と共同で"PCI DSS バージョン2.0 翻訳版"を公開する。

同資料の元となるPCI DSSのバージョン2.0は2010年10月28日(木)に公開されたばかりのもの。現在、PCI SSCからは英語版のみが公開されている。日本語資料をタイムリーに公開することで、新しくなったPCI DSSを普及させることが両社の目的である。

PCI DSSとはクレジットカード情報および取引情報の安全な管理を目的に策定された国際的なセキュリティ基準である。バージョン2.0では仮想化技術への対応やリスクベースアプローチの採用など、要件およびテストの明確化やガイダンスの追加などが行われ、セキュリティ基準として最新の状態に改善されたものだ。

資料は以下のリンクよりダウンロード可能である。

PCI DSS バージョン 2.0 翻訳版 ダウンロード案内

弊社では、NTTデータ・セキュリティ株式会社の協力を得て、"PCI DSS バージョン2.0 翻訳版"を作成、公開いたします。

下記の注意点をご了承いただいた上でご利用ください。

ご注意
・この資料は参考訳です。正確な内容はPCI SSCが配布しているものをご参照ください。
・本文書の転載・加工・再配布はご遠慮ください。
・本文書を使用することによっていかなる損害が生じようとも、当社は一切責任を負いません。
・各規格名、会社名、団体名は各社の商標または登録商標です。
・翻訳版の内容についてPCI SSCへのお問い合わせはご遠慮ください。
(お問い合わせは、株式会社日立ソリューションズまでお願いします)

PCI DSS バージョン2.0 翻訳版PDF

PCI SSCより、PCI DSS v2.0日本語版を数週間以内に公開するとの連絡がありましたので、 本サイトでの翻訳版配布は停止いたします。
ダウンロードしていただいた方も、PCI SSCから正式に公開されましたら、そちらをご参照いただけますよう、お願いいたします。
(2010年12月15日)

公式URL: PCI Standards Documents

また、PCI DSS v1.2.1とv2.0の差分比較資料は引き続き配布しております。ご希望の方は、下記までご連絡をお願いいたします。

お問い合わせ窓口

※お問い合わせ内容に「PCI DSS Version2.0 比較表資料請求」とご記入ください。

PCI DSS対応ソリューション(日立ソリューションズ)
PCI Security Standards Documents(PCI Security Standards Council)

関連キーワード:
2
参考になったらボタンを押してね
情報セキュリティブログ10周年記念企画
  • 携帯向け「クロネコメンバーズWebサービス」に脆弱性 他人の個人情報が閲覧できる状態に
  • カテゴリートップへ
  • FirefoxとThunderbirdのセキュリティアップデートが公開
あなたへのオススメ
2010年11月22日
2010年10月のIT総括