1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Adobe Reader/Acrobatのセキュリティ更新版が公開

Adobe Reader/Acrobatのセキュリティ更新版が公開

アドビ社は米国時間2月8日、Adobe Reader/Acrobatの定例アップデートを実施した。

これは四半期ごとに公開されているもので、対象となるのはWindows版とMac版のAdobe Reader X(10.0)および9.4.1以前、同じくAdobe Acrobat X(10.0)および9.4.1以前。これらのユーザーは最新版への適用が強く推奨される。

脆弱性の深刻度は最も高い「Critical」に分類されている。この分類は、ユーザーが気付かないうちに悪質コードを実行される恐れのある脆弱性に適用されるという。

なお、UNIX版のAdobe Reader 9.4.1以前のセキュリティアップデートは、2月28日の週(米国時間)に予定されている。

・(英文)Adobe - Security Bulletins(APSB11-03)
Adobe、ReaderとAcrobatの更新版のリリースを予告(ITmedia)
2月8日にAdobe Reader/Acrobatの定例アップデート、深刻な脆弱性を修正(INTERNET Watch)

関連キーワード:

Acrobat

Adobe Reader

  • Internet Explorer 8にゼロディ脆弱性
  • カテゴリートップへ
  • 2011年1月のIT総括