1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」の一般ダウンロード提供を2月23日から開始

「Windows 7 Service Pack 1 日本語版」の一般ダウンロード提供を2月23日から開始

日本マイクロソフトは、Windows 7/Windows Server 2008の「Service Pack 1(SP1)」の日本語版を、2月17日から順次提供開始した。一般向けには2月23日から、マイクロソフトダウンロードセンターおよびWindows Updateにて無償ダウンロードにて入手可能となる。

Windows 7 SP1は、Windows 7が出荷されてからこれまでにWindows Updateを通じて提供された更新プログラムをまとめて適用するパッケージとなり、サーバー側の新機能への対応を除いて新たな機能は提供されない。また、Windows Server 2008 R2 SP1には仮想デスクトップを実現する「RemoteFX」と「Dynamic Memory」の2つの新機能が搭載される。

Windows 7 SP1については、DVDメディアによる有償の提供も行う。発送は3月14日以降の予定とのことだ(価格は1050円)。

マイクロソフトのプレスリリース
Microsoft Windows 7: Windows 7 Service Pack 1
Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 および Windows 7 Service Pack 1 に関して
Windows 7/Server 2008 R2のSP1が完成、2月17日から順次公開(INTERNET Watch)

関連キーワード:

Service Pack 1

SP1

Windows 7

  • Facebookを標的とした新たなフィッシングが進行の兆し
  • カテゴリートップへ
  • 【ペニーオークション編】好評の「大江戸セキュリティ戯画(ギガ)」第三話が公開!!
あなたへのオススメ
2009年8月18日
BitLocker To Goとは