1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 日本を含むアジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫が枯渇

日本を含むアジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫が枯渇

4月15日、社団法人日本ネットワークインフォメーションセンター(JPNIC)は、アジア太平洋地域のRIR(Regional Internet Registry)であるAPNICのIPv4アドレスの在庫が枯渇したことを発表した。日本国内のIPアドレス在庫はAPNICと共有しているため、日本においてもIPv4アドレスの通常割り振りが終了することとなる。

これを受け、日本国内のNIR(National Internet Registry)であるJPNICは、今後のアドレス分配ポリシーについて発表した。今後の分配方法は、「最後の/8ブロック(約1670万アドレス)からの分配ポリシー」に基づいたものへと変更になる。また、分配済みアドレスの新たな再利用方法として、IPv4アドレス移転制度の施行を、2011年7月〜8月をめどに検討を進めるとしている。

IPv4アドレスの新たな配布は行われないが、既存のインターネットの動作に影響を及ばすことはない。すでに、2011年2月には、中央在庫と呼ばれるIANAのIPv4アドレス在庫が枯渇したことが報じられており、今後はIPv6への移行が進むものと思われる。総務省や通信関連団体などからなるIPv4アドレス枯渇対応タスクフォースは、ISPなど各事業者向けのアクションプランをアップデートし、各事業者に早い段階でIPv6への対応を進めていくことを求めている。

・(プレスリリース)日本におけるIPv4アドレス在庫、枯渇(IPv4アドレス枯渇対応タスクフォース)
IPv4アドレスの在庫枯渇に関して(JPNIC)
APNICにおけるIPv4アドレス在庫枯渇のお知らせおよび枯渇後のJPNICにおけるアドレス管理ポリシーのご案内(JPNIC)
アジア太平洋地域のIPv4アドレス在庫が枯渇、日本でも通常割り振りは終了(INTERNET Watch)
IPv6アドレスについて知っておくべき10のこと--IPv4アドレス在庫終了の今(CNET Japan)
2011年2月のIT総括(情報セキュリティブログ)

関連キーワード:

IPv4

IPv6

JPNIC

  • 動画で学ぶ「大江戸セキュリティ戯画(ギガ)」第五話が公開!!
  • カテゴリートップへ
  • 2011年3月のIT総括
あなたへのオススメ
2011年4月 1日
2011年2月のIT総括