1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開

IPAが「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開

IPAが「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、3月12日、「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」を公開した。これは、近年の情報システムを取り巻く脅威を解説した資料で、情報セキュリティ分野の研究者、企業などの実務担当者など117名から構成される「10大脅威執筆者会」が選定、解説したものだ。

これによると、「2013年版 10大脅威」のランキング(2012年において社会的影響が大きかった10項目)は以下の通りである。

1位 「クライアントソフトの脆弱性を突いた攻撃」
2位 「標的型諜報攻撃(※)の脅威」(※国家の経済や安全保障などに影響を及ぼすような組織情報の詐取を標的にした攻撃)
3位 「スマートデバイスを狙った悪意あるアプリの横行」
4位 「ウイルスを使った遠隔操作」
5位 「金銭窃取を目的としたウイルスの横行」
6位 「予期せぬ業務停止」
7位 「ウェブサイトを狙った攻撃」
8位 「パスワード流出の脅威」
9位 「内部犯行」
10位 「フィッシング詐欺」

本資料は、3章構成となっており、全52ページのPDFファイルで、IPAのWebサイトからダウンロードすることができる。

第1章では、情報セキュリティの変遷として、2001年から2012年までの情報システムを取巻く脅威やセキュリティ対策の変化の流れを考察。第2章では、2012年において社会的影響が大きかった10項目のセキュリティ上の脅威について、「10大脅威執筆者会」の投票結果に基づき、概要と影響・対策について解説している。また、第3章では、今後社会的影響が大きくなると予想される脅威やセキュリティ対策の課題について、概要と傾向を解説している。

IPAでは、企業・組織や個人ユーザーは、自身に関連するセキュリティ脅威を十分に認識し、対策を講じることが重要だと言及している。

情報処理推進機構:情報セキュリティ:脆弱性対策:「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」

関連キーワード:

IPA

脆弱性対策

  • K子のちょっとセキュアな日常 Vol.23 「リアルタイム検索」で身元バレ? ソーシャルメディアでの思わぬ失言を防ぐ対策
  • カテゴリートップへ
  • 安田浩氏に聞く 「情報セキュリティの今までとこれから」 ―インターネット・リテラシーの本質とは―(後編)