1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Twitterが2段階認証を提供開始。日本では未対応

Twitterが2段階認証を提供開始。日本では未対応

Twitterが2段階認証を提供開始。日本では未対応Twitterは5月22日、ログイン時のセキュリティ強化の一環として、2段階認証を採用することを発表した。ただし、この機能はまだ日本では利用できない。

これは、各国の主要メディア等のTwitterアカウントが相次いで乗っ取られる事件が起きていることなどを受け、新たに採用されたもの。ユーザーは2段階認証のオプションを選択し、携帯電話の番号を登録する。すると、ログイン時に従来のパスワードに加え、登録された携帯電話のSMS(ショートメッセージサービス)宛に送信された6桁の数字(パスコード)の入力が必要となるというものだ。

これにより、ログインしようとしている本人の認証がより厳格になる効果が期待される。

Twitterでは、ブログを通じ、アカウント乗っ取りを防ぐための安全なパスワードの設定、管理方法について情報を発信している。今回の2段階認証についても、できるだけ早く日本で利用開始できるよう準備を進めていくということだ。

Twitterブログ: 日本以外では2段階認証が始まりました
Twitterブログ: アカウントが「のっとられない」ように
Twitter、2要素認証のオプション発表 相次ぐアカウント乗っ取りに対応( ITmedia)
AP通信のTwitterアカウントが乗っ取られ「オバマ大統領負傷」のデマツイート(情報セキュリティブログ)

関連キーワード:

2段階認証

Twitter

アカウント乗っ取り

  • ブラウザー機能拡張を装いFacebookを乗っ取るトロイの木馬に注意
  • カテゴリートップへ
  • 守屋英一氏に聞く「今すぐ見直したい、安全なソーシャルメディアとのつきあい方」(後編)