1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Facebook上の「なりすましアカウント」に注意喚起。3人以上承認でアカウント乗っ取りの可能性

Facebook上の「なりすましアカウント」に注意喚起。3人以上承認でアカウント乗っ取りの可能性

Facebook上の「なりすましアカウント」に注意喚起。3人以上承認でアカウント乗っ取りの可能性7月9日、Facebookの公認ナビゲーションサイト「Facebook navi」は、Facebook上で友人や知人になりすました「なりすましアカウント」による友だち申請が相次いでいるとして注意を呼びかけた。

これは、6月以降、なりすましアカウントによる友達申請が急増しているという報告が相次いでいたというもの。なりすましアカウントには、「ユニークURLを使用していない」「アカウント名がローマ字表記である」「プロフィール情報、写真、投稿が一切登録されていない」「プロフィール写真は、性別を男性に設定した場合の基本画像である」といったような特徴があることが報じられている。

Facebookには、アカウントをロックアウトされた場合、ログイン情報を再設定する前に本人確認をする必要がある。その際、3人以上の友達から助けを借り、セキュリティコードを取得してもらって入力するとアカウントが再開できる機能があるが、3人以上の「なりすましアカウント」の友達申請を承認してしまうことにより、この機能を悪用して自分のアカウントが乗っ取られてしまう可能性があるという。

Facebookナビでは、「なりすましアカウント」の予防策として、以下の2点を挙げている。

(1)友だち申請を承認する場合は、名前、性別、共通の友人などを慎重に確認し、不審な場合は承認しない。
(2)万一に備え、信頼できる連絡先として安全な友人、知人を3名以上設定しておく(Web用Facebookの場合、右上の歯車アイコンから「アカウント設定」→「セキュリティ」→「信頼できる連絡先」で設定可能)。

また、万一、乗っ取られてしまった場合、 Facebookの専用ページにアクセスしてアカウントの安全を確保するよう呼びかけている。

なりすまし・アカウントの乗っ取りにご注意!... - Facebook navi (フェイスブックナビ)
Facebookでなりすまし友人申請に注意 3人以上承認するとアカウント乗っ取りのおそれも - ITmedia ニュース
もし、誰かがあなたになりすましたら?:Facebook、横行するなりすましの現状と対策 (1/2) - @IT
落とし穴!?に陥らないFacebookのプライバシー情報漏えい対策6つのポイント
Facebookを安心して利用するために自分なりの運用ルールを決めておこう(1/2)

関連キーワード:

Facebook

なりすまし

アカウント

  • 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.7 ネット上を流れる「感動的なエピソード」に注意しよう
  • カテゴリートップへ
  • 「Googleグループ」における情報漏えいに注意喚起