1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが「情報セキュリティ白書2013」を発刊

IPAが「情報セキュリティ白書2013」を発刊

newsimage_00.jpg独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、9月2日、「情報セキュリティ白書2013」を発刊した。これは、IPAが毎年発行する情報セキュリティに関する報告書で、企業のシステム開発者や運用者などを対象に、情報セキュリティの現状や、今後の対策のために役立つ情報を提供することなどを目的としている。

IPAでは、2012年度の概況として以下のポイントを挙げている。まず、サイバー空間でのデモ活動を目的としたDDoS攻撃により、米国の金融機関のオンラインサービスや日本の政府機関等のWebサイトがサービス停止に陥るといった被害が発生した点である。次に、スマートフォンをはじめとするモバイル機器の利用拡大とともにそれを標的とする不正アプリが増加し、ウイルスを用いた新たな手口により、一般ユーザーに対する脅威が高まっていることなどについても指摘している。

こうした状況を受け、本白書では、情報セキュリティインシデントの具体的な事例や攻撃の手口、対策について解説している。また、2013年3月12日に公開した「2013年版 10大脅威 身近に忍び寄る脅威」も収録しているという。本白書は、IPAのほかAmazonなどで購入することができる。

IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:情報セキュリティ白書2013

関連キーワード:

IPA

セキュリティ白書

  • シングルサインオンとは
  • カテゴリートップへ
  • Internet Explorer(6〜11)に影響のあるゼロディ脆弱性