1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 国内初となる商用クラウドサービスの脆弱性発見コンテストが開催

国内初となる商用クラウドサービスの脆弱性発見コンテストが開催

国内初となる商用クラウドサービスの脆弱性発見コンテストが開催サイボウズ社は、9月24日、同社が提供する商用クラウドサービスを対象にした「脆弱性発見コンテスト」(cybozu.com Security Challenge)を開催すると発表した。商用のクラウドサービスを対象とした脆弱性発見コンテストは国内初の取り組みで、発見者には総額300万円の賞金が贈呈されるという。

これは、同社のサービス品質向上を目的として行われるもので、募集期間は10月11日まで。募集人数は150名(先着順)で、コンテストは11月11日〜25日まで行われる。ルールは、コンテスト専用の検証環境にて、クラウドサービスに存在する未知の脆弱性を発見することを競い合うという内容だ。参加者が脆弱性を検出すると評価ポイントが与えられ、最終的により多くのポイントを獲得した参加者が優勝となる。また、コンテスト上位者は、来年3月に行われる日本最大級のセキュリティコンテスト「SECCON 全国大会」の併催カンファレンスに招待されるという。

同社は、将来的に、脆弱性の発見者に報奨金を贈呈する「脆弱性情報報奨金プログラム」の開始を予定しているとのことだ。

サイボウズ、国内商用クラウド初の脆弱性発見コンテスト「cybozu.com Security Challenge」を開催(サイボウズ)
サイボウズ、商用サービスを対象とした脆弱性発見コンテストを開催(@IT)

関連キーワード:

クラウド

脆弱性

  • 「Google Play」上でFlash Playerを騙る偽アプリが公開
  • カテゴリートップへ
  • 【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.12 チャットアプリはリスクを知り、正しく設定して安全に利用しよう