1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシングメールに注意喚起

三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシングメールに注意喚起

三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシングメールに注意喚起フィッシング詐欺対策の業界団体であるフィッシング対策協議会は、11月18日、三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

これは、「三菱東京UFJ銀行ーー安全確認」という件名で送られる日本語のメールで、「ユーザ番号」の調査という名目で、偽サイトに誘導しようとする内容だ。書き出しが「こんにちは!」であるなど、メール本文の日本語がやや不自然な印象がある。リンク先の偽サイトでは「ご契約番号」や「インターネットバンキング(IB)ログインパスワード」などの入力が求められるという。なお、偽サイトの見た目は本物のログイン画面そっくりに作ってある。

同協議会では、類似のフィッシングサイトが公開される可能性があるとして、引き続き注意するよう呼びかけている。また、三菱東京UFJ銀行も「セキュリティ対策」の中で、「偽画面にパスワードなどを入力しない」「ウィルス対策ソフトの利用」「定期的なパスワードの変更」「前回ログイン日時や入出金明細の確認」「登録Eメールアドレスの確認」といった5項目を挙げ、利用者側が行う対策について注意喚起している。

くれぐれも、こうした金融機関等のサービスを騙ったメールに反応し、記載されたURLをクリックしたり、リンク先で個人情報を入力したりすることのないよう注意が必要だ。

三菱東京UFJ銀行をかたるフィッシング(2013/11/18)(フィッシング対策協議会)
セキュリティ対策(三菱東京UFJ銀行)
三菱東京UFJ銀行のフィッシングサイトが稼働中、契約番号など入力せぬように(INTERNET Watch)

関連キーワード:

インターネットバンキング

パスワード

フィッシング

  • 【K子番外編】新入社員YO介のどうする?セキュリティ Vol.1 業務に欠かせない「メール」に潜む様々なリスクを認識しよう
  • カテゴリートップへ
  • Android端末で特定のサイトを閲覧するとアプリが勝手にダウンロードされる問題が報じられる