1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAが無線LANの「ただ乗り」に注意喚起

IPAが無線LANの「ただ乗り」に注意喚起

IPAが無線LANの「ただ乗り」に注意喚起独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、12月2日、「2013年12月の呼びかけ」を公開し、この中で、家庭内等で利用する無線LANへの「ただ乗り」が犯罪等に悪用されたり、ウィルス感染等の原因になっている可能性があるとして、注意を呼びかけた。

これによると、スマートフォンや携帯ゲーム機の普及などにより、家庭内でも無線LAN環境を整備してインターネットに接続する機会が増えている一方、適切なセキュリティ設定がなされていないケースが増えていると指摘。こうしたセキュリティ設定の不十分な無線LAN環境が、第三者により勝手に「ただ乗り」されることで、サイバー犯罪に悪用されることや、セキュリティ設定をわざと不十分にした無線LANに「ただ乗り」させ、アクセスしたユーザーの情報を盗み取ろうとする可能性などが高まっているという。また、2013年10月には、他人の無線LANに「ただ乗り」して、タブレット端末から殺人予告等を書き込んだとして未成年者が逮捕されたとの報道があった。

このように、無線LAN環境を整備する際には、「ただ乗り」させないための適切なセキュリティ設定が必要である。IPAでは、「ただ乗り」させないための対策として「暗号化方式の選択」「パスワード設定」の2つのポイントを挙げている。親機のセキュリティ設定で「WPA2-PSK(AES)」のような堅牢な暗号化方式を選択することや、パスワードは、容易に推測されにくい文字列に設定するため「英語の辞書に載っている単語を使用しない」「大文字、小文字、数字、記号の全てを含む文字列とする」「文字数は半角で最低でも20文字とする」といったポイントを守ることが推奨される。

また、他人が設置した無線LANに「ただ乗り」すると、ネットワークを流れる様々な情報が第三者に取得されるなどの危険性があるため、「ただ乗り」しないことも大事である。

なお、当ブログでも、モバイル機器の無線LAN設定について解説しているので、こちらもあわせて参照されたい。

2013年12月の呼びかけ(IPA)
するな、させるな、無線LANのタダ乗り――IPAが注意喚起 (ITmedia)
家庭内無線LANの「ただ乗り」に注意--対策のポイントは2つ(IPA)(セキュリティ通信:So-netブログ)
【K子番外編】U子のセキュリティはじめまして!Vol.10 外出先でのモバイル無線LAN(Wi-Fi)の利用には危険がいっぱい(情報セキュリティブログ)

関連キーワード:

IPA

WPA2

無線LAN

  • 2013年11月のIT総括
  • カテゴリートップへ
  • 国内で約3,000台のパソコンが「ビットコイン発掘不正プログラム」に感染との報道