1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 2013年の最も破られやすいパスワードは「123456」

2013年の最も破られやすいパスワードは「123456」

news_thumb_20131128.jpgパスワード管理ソフトメーカーの米スプラッシュデータ社は、1月17日、2013年版の「破られやすいパスワード(Worst Passwords)」のランキングを発表した。ワースト1は「123456」で、これまで首位だった「password」に代わってワースト1となった。「password」の首位転落は、同社が年次ランキングを集計するようになって以来、初めてだという。

なお、3位は「12345678」で、4位はキーボード配列そのままの「qwerty」、5位は「abc123」だった。2013年はアドビ社のユーザー情報が大量に流出した事件の影響から「adobe123」(10位)や「photoshop」(15位)など、アプリケーションやサイトに関連する文字列がランクインしている。また、「1234」(16位)、「12345」(20位)、「000000」(25位)といった数字の羅列の単純なパスワードが上位25位以内に新たに登場したのも特徴だという。

同社のランキングは、盗まれてインターネット上に公開されたパスワードのファイルを分析して集計したもの。同社は、このランキングに掲載されているような文字列をパスワードに使用しているユーザーはただちに変更し、英文字、数字、記号などを組み合わせた8文字以上のパスワードにするよう呼びかけている。

・(英文)スプラッシュデータ社の発表資料
「安易なパスワード」ランキングの最新版、首位が交代(ITmedia)
2013年の脆弱なパスワードランキング、ワースト1は「123456」(PCオンライン)

関連キーワード:

パスワード

  • マイクロソフト社がXPのサポート終了後もマルウェア対策ソフトのサポート継続を発表
  • カテゴリートップへ
  • 2月の「情報セキュリティ月間」に関する政府や各省庁の取り組み