1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「LINE」を騙り出会い系サイトに誘導するスパムメールに注意喚起

「LINE」を騙り出会い系サイトに誘導するスパムメールに注意喚起

「LINE」を騙り出会い系サイトに誘導するスパムメールに注意喚起
2月26日、スマートフォンなどで使える人気のチャットアプリ「LINE」に便乗したスパムメールが確認されたとして、セキュリティ対策企業のトレンドマイクロ社は注意を呼びかけた。

これによると、2014年1月以降、「LINE」から送信されたように偽装したスパムメールが確認されており、メッセージ内に記されているURLをクリックすると、「ID-BBS」という名前の出会い系サイトに誘導される可能性があるという。

スパムメールは以下の特徴を備えていることが判明している。

(1)メールアドレスのドメインには、「LINE.com」「Lineid.com」「Line.ne.jp」など「LINE」であることを匂わすものや、LINEのID検索を思わせる「idkensakubbs.jp」や「lineidkensaku.ne.jp」が利用されている(なお、LINEの公式サイトのURLは「http://line.me/」である)
(2)件名は、「LINE」という文字列が含まれている
(3)メッセージの内容は、「友達申請」が届いており、「承認」する必要があるとして、メッセージ内のURLをクリックするように促している
(4)本文に記されたURLは、「http://<10桁のランダムな英数字>.asia」

同社によると、今のところ、LINEを偽装するスパムメールからの誘導先は、出会い系サイトのみが確認されているということだ。しかし、今後、不正プログラムやフィッシング詐欺といった攻撃に悪用される可能性もあるため、こうしたメールを受信した場合は速やかに削除する、本文内のURLを安易にリンクしないといった慎重な対応が求められる。また、SNS等で友達を追加する場合は、実際の「友人」のみを承認するよう心がけることも大切だ。

メッセンジャーアプリ「LINE」の人気に便乗するスパムメール、出会い系Webサイトへ誘導(トレンドマイクロ セキュリティ ブログ)

関連キーワード:

LINE

スパムメール

フィッシング詐欺

  • ジョーアカウントとは
  • カテゴリートップへ
  • 2014年2月のIT総括