1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. トレンドマイクロ社が電話によるフィッシング詐欺と個人情報漏えいの関連性について指摘

トレンドマイクロ社が電話によるフィッシング詐欺と個人情報漏えいの関連性について指摘

トレンドマイクロ社が電話によるフィッシング詐欺と個人情報漏えいの関連性について指摘セキュリティ対策企業のトレンドマイクロ社は、3月5日、ブログを通じ、電話におけるフィッシング詐欺の背景にある個人情報漏えいについて言及した。

これは、同社の人間がNational Australia Bank(NAB)を騙るフィッシング詐欺の電話を受けたというエピソードだ。電話の主は当人の正確な名前と住所を知っており、「ニュージーランドのAlex Smithという人物に、当人の口座から700オーストラリアドル(2014年3月5日現在、約64,000円)が送金された不審な取引を確認した」ため、この取引が正規なものかを確認するために、当人のNABの口座番号を要求してきたという。

この詐欺については、たまたま電話を受けた人が、NABの口座を持っていなかったため未遂に終わったそうだが、同社は今回の事例の背景にある情報漏えいの可能性について警鐘を鳴らしている。フィッシング詐欺の電話をかけてきた人物は、対象となる人の名前と住所、電話番号を一致させるだけの情報を持っており、特に、電話を受けた当人は、その時点ではNABのクレジットカードを持っていなかったものの、数年前は所持していたからだ。

同社は、こうした詐欺行為に、誰かがどこかで流出させた個人情報が利用された可能性が非常に高いとしており、一見、「害はない」ように思える個人情報でも、実際の詐欺に利用されることがあると指摘している。

また、電話によるフィッシング詐欺の手口は、マルウェアなどを用い、オンラインを通じて銀行口座の番号等を詐取しようとするフィッシング攻撃と同等の脅威であると注意喚起している。ユーザーは、金融機関の口座番号などの個人情報は、電話やメール等で尋ねられても教えないといった慎重な対応が求められる。

電話によるフィッシング詐欺事例、情報漏えいと銀行口座を狙った詐欺との関連性は?(トレンドマイクロ セキュリティ ブログ)

関連キーワード:

フィッシング

個人情報

詐欺

電話

  • アダルト動画と引き替えに別のアプリをインストールするAndroidアプリが確認される
  • カテゴリートップへ
  • リバースブルートフォースアタックとは