1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. iPhoneやiPadなどをロックし、解除に金銭を要求する事案が確認される

iPhoneやiPadなどをロックし、解除に金銭を要求する事案が確認される

iPhoneやiPadなどをロックし、解除に金銭を要求する事案が確認される5月27日、オーストラリアの新聞Sydney Morning Herald紙が伝えたところによると、アップル社のモバイル端末(iPhoneやiPadなど)のユーザーから、端末が何者かに乗っ取られ、端末のロックを解除したければ身代金を支払うよう要求されたという事案が確認された。

これによると、シドニー在住のユーザーは、ある日、端末がOleg Plissという人物により乗っ取られたというメッセージが画面に表示され、端末のロックを解除したければ指定のPayPal口座に50ドルを送金するよう要求された。このほかにも、Twitterやアップル社のサポートフォーラムには、同国のユーザーから同じような投稿が相次いでいるという。

この件について、セキュリティ対策企業のIntego社は、ブログの中で、何者かがアップルIDのアカウントに不正にアクセスした可能性や、アップル社のシステムからパスワードが流出した可能性、被害者の端末がマルウェアに感染した可能性などを指摘しているが、原因は分かっておらず、また、なぜ、被害がオーストラリア周辺に集中しているかも分かっていない。

同社は、こうした被害を未然に防ぐために、アップルIDのアカウントを強化する対策として、2要素認証の利用や、14桁のリカバリキーの設定を推奨している。また、犯罪者に送金しても端末のロックを解除してくれる保証はないため、同社では、端末がロックされた場合の対策として、リカバリモードを使用して、端末をバックアップから復元する方法を解説している。

iPadやiPhoneの乗っ取り被害多発、ロック解除に「身代金払え!」(ITmedia)
・(英文)Sydney Morning Herald紙による事案を報じた記事
・(英文)Intego社による解説記事

関連キーワード:

2要素認証

Apple ID

iPad

iPhone

  • OpenID Connectとは
  • カテゴリートップへ
  • 2014年5月のIT総括