1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Amazonのギフト券番号を盗み取ろうとするフィッシングに注意喚起

Amazonのギフト券番号を盗み取ろうとするフィッシングに注意喚起

Amazonのギフト券番号を盗み取ろうとするフィッシングに注意喚起通販サイト大手のアマゾン(Amazon.co.jp)は、同サイトを装い、キャンペーンと称してユーザーが購入したギフト券の番号を不正に取得しようとする悪質なフィッシング攻撃が確認されたとして注意喚起している。

これは、「アマゾンで購入したギフト券が倍額になって戻ってくるキャンペーン」と称するメールが届き、本文に記載されたURLをクリックすると、フィッシングサイトに誘導されるというもの。サイトには、「ギフト券の番号を指定アドレスに送ると、倍額が戻ってくる」と書かれており、その方法が指示されている。指示に従い、ギフト券番号を送信してしまうと、ギフト券が攻撃者側に盗み取られてしまう可能性がある。

アマゾンでは、サポートページにて、ユーザーから報告のあったフィッシングメールの事例を紹介し、メールのURLをクリックしないことや、万一、フィッシングサイトに誘導された場合に、ボタンをクリックしたり、ギフト券番号を送信しないよう注意喚起している。また、フィッシングと思われるサイトやEメールへギフト券を送ってしまった場合は、カスタマーサービスまで連絡するよう呼びかけている。

ユーザーは、未使用のギフト券番号を送信させるようなキャンペーンの案内が届いたら内容を疑い、ギフト券番号はプレゼントしたい相手以外には送らないということを守ることが大切だ。また、身に覚えのない当選メールなどは開かずに捨てるというように、メールの取扱いには慎重を期す必要がある。

Amazonを装ったフィッシングサイトにご注意ください(Amazon.co.jp ヘルプ)
Amazonギフト券プレゼントキャンペーンを装ったフィッシング詐欺に注意(INTERNET Watch)
あなたのパスワードが狙われている!フィッシングの被害を防ぐための4つのポイント(今すぐ見直したいセキュリティ対策)

関連キーワード:
  • マイクロソフトのセキュリティ製品のエンジンに脆弱性、すでに修正版を公開
  • カテゴリートップへ
  • 広告を通じFlash Playerの偽の更新メッセージからユーザーを不正サイトに誘導する事案を確認