1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. マイクロソフトが脆弱性緩和ツール「EMET 5.1」を公開

マイクロソフトが脆弱性緩和ツール「EMET 5.1」を公開

マイクロソフトが脆弱性緩和ツール「EMET 5.1」を公開マイクロソフト社は、11月10日、脆弱性緩和ツールEMETの「バージョン 5.1」を公開した。

EMETは、ソフトウェアの脆弱性が悪用されるのを防止する仕組みで、脆弱性をついた悪意のあるコードが実行されそうになると、プロセスやシステムを強制終了し、攻撃を回避するというものだ。セキュリティ更新プログラムが公開されるまでの間、ゼロディ攻撃に対する被害を緩和する効果が期待される。

「バージョン 5.1」では、「Internet Explorer」「Adobe Reader」「Adobe Flash Player」「Mozilla Firefox」などのアプリケーションと、EMETが提供する緩和策との間で発生していた互換性の問題が修正された。

特に、Windows 7またはWindows 8.1で「Internet Explorer 11」を利用し、かつ「EMET 5.0」を導入しているユーザーは、同社が11月に配布したセキュリティ更新プログラムとの間に互換性問題が引き起こされる恐れがあることから、あらかじめ「EMET 5.1」へアップデートすることが望ましいということだ。

・(リンク先英文)「EMET 5.1」のダウンロードサイト(マイクロソフト)
・(リンク先英文)「EMET 5.1」の公開について言及したマイクロソフト社のブログ
Microsoft、脆弱性緩和ツール「EMET 5.1」を公開。アプリケーションとの互換性を向上(窓の杜)
Microsoftがセキュリティツール「EMET 5.1」公開、互換性問題を修正( ITmedia)

関連キーワード:

EMET

アップデート

互換性

  • 国内の複数サイト(「.com」ドメイン)がDNSハイジャックの攻撃を受けたと報じられる
  • カテゴリートップへ
  • 「医療費通知」を偽装したメールでマルウェアに感染させる手口に注意喚起