1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルがOS X向けの最新版「10.10.1」とiOSの最新版「8.1.1」を公開

アップルがOS X向けの最新版「10.10.1」とiOSの最新版「8.1.1」を公開

アップルがOS X向けの最新版「10.10.1」とiOSの最新版「8.1.1」を公開アップル社は11月18日(米国時間)、OS Xの最新版である「10.10.1」(Yosemite)、およびiOSの最新版「iOS 8.1.1」を公開した。

OS Xの最新版「10.10.1」(Yosemite)では、不具合や機能の改善に加え、4件の脆弱性が修正されている。最新版へのアップデートは、アップルメニュー→「ソフトウェア・アップデート」で行うことが可能だ。

また、「iOS 8.1.1」では、iOS 8.1に含まれていた不具合の修正や、「iPad 2」「iPhone 4S」での安定性の向上などが図られたほか、9件の脆弱性が修正されている。最新版への更新は、端末の「設定」をタップし「一般」→「ソフトウェアアップデート」と進むか、端末をパソコンに接続してiTunes経由でアップデートすることができる。

OS X Yosemite v10.10.1 のセキュリティコンテンツについて(Apple サポート)
iOS 8.1.1 のセキュリティコンテンツについて(Apple サポート)
アップル、「OS X Yosemite 10.10.1」と「iOS 8.1.1」を公開(セキュリティ通信:So-netブログ)

関連キーワード:

iOS

Mac OS X

アップル

ソフトウェア・アップデート

最新版

  • トランザクション署名とは
  • カテゴリートップへ
  • 無料で、簡便にSSL/TLSを利用できる取り組み「Let's Encrypt」の創設を発表