1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「情報セキュリティEXPO」今年も5月13日から開催

「情報セキュリティEXPO」今年も5月13日から開催

「情報セキュリティEXPO」今年も5月13日から開催IT関連の展示会「Japan IT Week」の専門展として開催される「第12回 情報セキュリティEXPO 春」が、今年も5月13日〜15日に東京ビッグサイトで開催される。

これは、情報セキュリティ対策のあらゆる製品が一堂に出展する専門展で、毎年多数の企業の経営者や情報システム部門、セキュリティ担当部門の責任者や担当者が来場し、出展企業と活発な商談等を行う。

また、セキュリティ業界の第一線で活躍する講師が、最新の技術動向や事例についてプレゼンテーションするセミナーも連日開催される。「サイバー攻撃の最新技術動向」「情報漏えい対策」「クラウドセキュリティ」などの情報セキュリティの脅威に、企業はどう対応するべきかといった視点で最新動向や対策のポイントを学ぶことができる。企業の担当者はぜひチェックしておきたい展示会だ。

また、会場では、一般のエンドユーザー向けに役立つセキュリティの啓発資料が入手できるブースもある。独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)の出展ブースでは、冊子「情報セキュリティ10大脅威 2015」「パスワード漏えい対策のしおり」や、「映像で知る情報セキュリティ DVD-ROM 」などの啓発資料や啓発映像DVD-ROMが無償で配布されるという。なお、こららの資料の多くは、IPAのサイト上でPDFで公開されているので、興味のある方はご一読をおすすめする。

なお、当社も「日立ソリューションズのトータルセキュリティ」をテーマに同EXPOに出展する。「内部不正防止ソリューション」や「標的型サイバー攻撃対策ソリューション」、データセンターや仮想環境の内部通信を可視化する「vArmour」、「情報漏洩防止ソリューション 秘文」など、内部不正防止、マイナンバー、標的型サイバー攻撃、通信可視化などの最新ソリューションや、新しい「秘文」シリーズなどを紹介する予定だ。

情報セキュリティ EXPO
第12回情報セキュリティEXPO[春]への出展のご案内(IPA)

関連キーワード:

IPA

クラウドセキュリティ

サイバー攻撃

情報漏えい

秘文

  • K子のさらにセキュアな日常 Vol.4 「標的型」対策には万一の不正侵入に備えた多層的な防御が必要
  • カテゴリートップへ
  • 警視庁が「ネットバンキングウィルス無力化作戦」の実施を発表