1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 警視庁が「ネットバンキングウィルス無力化作戦」の実施を発表

警視庁が「ネットバンキングウィルス無力化作戦」の実施を発表

警視庁が「ネットバンキングウィルス無力化作戦」の実施を発表警視庁サイバー犯罪対策課は、4月10日、「ネットバンキングウィルス無力化作戦」の実施について発表した。

インターネットバンキングの不正送金被害は、昨年(平成26年)の1年間で1,876件、被害額は約29億円と過去最悪を記録している。同課では、主に日本を標的としているとみられるインターネットバンキングウィルス(Vawtrak:ボートラック)に関する情報を入手し、感染端末は世界で約8万2,000台、うち国内で約4万4,000台を特定した。

報道によると、同課は、不正送金の被害にあった感染端末を解析した結果、C&Cサーバー(コマンド&コントロールサーバー:マルウェアに感染したコンピュータ群に指令を送り、制御の中心となるサーバーのこと)の1台を特定し、テイクダウン(撲滅)に成功したという。このサーバーのログから感染端末を特定するとともに、セキュリティ事業者の協力を得て、ウィルス感染端末の不正送金被害を防ぐための対応策を講じている。なお、日本独自でこのような取り組みは初めてとのこと。

また、総務省および日本データ通信協会テレコム・アイザック推進会議(Telecom-ISAC Japan)と連携し、感染端末の利用者に対してウィルスの駆除を依頼する。連絡を受けた利用者は、ウィルス対策ソフトを導入し、ウィルス定義ファイルを最新の状態にアップデートした上でスキャンを行い、ウィルスを駆除するよう呼びかけている。また、今回確認された感染端末は氷山の一角であり、ユーザーは、その他に行うべき基本的な対策として、パソコンのOSや各ソフトウェアを常に最新の状態に保つことや、金融機関が提供するセキュリティ対策を利用するなどの基本的な対策を継続する必要がある。

なお、当ブログでもネットバンキングの不正送金被害を防ぐポイントについて解説しているので(→リンク先)こちらもご一読をおすすめする。

ネットバンキングウィルス無力化作戦の実施について(警視庁)
警視庁「ネットバンキングウィルス無力化作戦」実施――国内感染4万4000台(セキュリティ通信:So-netブログ)

関連キーワード:

C&Cサーバー

ボートラック

マルウェア

不正送金

  • 「情報セキュリティEXPO」今年も5月13日から開催
  • カテゴリートップへ
  • WindowsにSMBサーバーを悪用される新たな脆弱性が報じられる