1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「ゆうちょ銀行」を騙るフィッシングメールに注意喚起

「ゆうちょ銀行」を騙るフィッシングメールに注意喚起

「ゆうちょ銀行」を騙るフィッシングメールに注意喚起フィッシング詐欺対策の業界団体であるフィッシング対策協議会は、5月15日、ゆうちょ銀行を騙るフィッシングメールが出回っているとして注意を呼びかけた。

これは、同行が提供するオンラインバンキング「ゆうちょダイレクト」のお客さま番号、ログインパスワード、インターネット用暗証番号等を盗もうとするフィッシングメールおよび偽サイトが発見されたというもので、偽メールに記載されたURLをクリックするとフィッシングサイトに誘導され、ログイン情報の入力を求められる。

メールの件名は「【ゆうちょ銀行】本人認証サービス」「【ゆうちょ銀行】メールアドレスの確認」などで、システムをアップデートしたため、アカウントが凍結されないように(サービスを継続して利用できるよう)登録の確認が必要といった内容の本文とURLが記載されているという。

ゆうちょ銀行は、同行からメールでお客さま番号、ログインパスワード、合言葉、インターネット用暗証番号などを照会することは一切ないとした上で、ユーザーに対し、不審なメールを受け取った場合は、安易にリンク先にアクセスしたり、添付ファイルを開いたりせず、以下のリンク先にある「ゆうちょコールセンター」または「不審なメール通報窓口」に連絡するよう呼びかけている。

また、同協議会でも、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

ゆうちょ銀行をかたるフィッシング (2015/05/15)(フィッシング対策協議会)
お知らせ「【重要】ゆうちょダイレクト(ゆうちょ銀行)を装ったフィッシングメール・サイトにご注意ください」(ゆうちょ銀行)

関連キーワード:

ゆうちょ銀行

インターネットバンキング

フィッシング

フィッシング対策協議会

  • サイバー情報共有イニシアティブ(J-CSIP)とは
  • カテゴリートップへ
  • TLSに「Logjam」と呼ばれる脆弱性が確認される