1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAがランサムウェアの国内感染拡大に注意喚起

IPAがランサムウェアの国内感染拡大に注意喚起

IPAがランサムウェアの国内感染拡大に注意喚起独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、6月1日、「2015年6月の呼びかけ」を公開し、パソコン内のファイルを人質にとるランサムウェアに関する相談件数が増加しているとして注意を呼びかけた。

IPAには、「パソコンに『暗号化しました』というメッセージが表示されて、ファイルが開けなくなった」という内容の相談件数が多数寄せられているという。これは、パソコン内にあるファイルを勝手に暗号化するなど制限をかけ、その解除と引き替えに金銭を支払うよう脅迫するランサムウェアの典型的な手口の一つだ。

IPAには、ランサムウェアに関する相談が2011年7月に初めて寄せられ、その後、2014年12月には初めて日本語でメッセージが表示されるランサムウェアの相談が寄せられている。直近で確認されているランサムウェアは、支払い方法がビットコインのみであることから、IPAでは、今のところ日本国内での被害はそれほど大きくない可能性もあるが、今後は、日本向けに支払い方法を工夫するなどの手口が出現する可能性があると指摘している。なお、要求される金額は、数万円程度の額に相当するビットコインの支払いを要求されるケースが多いという。

ランサムウェアに感染し、ファイルを暗号化されてしまうと、ランサムウェア自体を駆除してもファイルを復元することはできず、パソコン内の重要なファイルを失ってしまう可能性があるため、感染を予防する基本的なマルウェア対策が重要である。

ユーザーは、OSやソフトウェアを常に最新の状態に保ち、脆弱性を解消するとともに、最新版のウィルス対策ソフトを利用し、ウィルス定義ファイルを常に最新の状態に保つことが推奨される。また、万一の感染に備えてバックアップデータを定期的に取得することが望ましい。

IPAでは、ランサムウェアと疑われる症状が確認された場合、IPAの安心相談窓口まで連絡するよう呼びかけている。

2015年6月の呼びかけ(IPA)
ランサムウェア感染にJPCERT/CCが注意喚起(セキュリティニュース)
パソコンやスマートフォンのソフトウェアを最新に保ち、脆弱性を解消する対策を継続しよう(今すぐ見直したいセキュリティ対策)

関連キーワード:

IPA

ランサムウェア

脆弱性

  • POSシステムを標的とした新たなマルウェアによる攻撃に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • 2015年5月のIT総括