1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. マイクロソフトがInternet Explorerの脆弱性対策として定例外アップデート(MS15-093)を公開

マイクロソフトがInternet Explorerの脆弱性対策として定例外アップデート(MS15-093)を公開

マイクロソフトがInternet Explorerの脆弱性対策として定例外アップデート(MS15-093)を公開マイクロソフトは、8月19日(日本時間)、定例外アップデートとして、Internet Explorer(IE)の修正プログラム(MS15-093)を公開した。

これは、IEに関する脆弱性(CVE-2015-2502)を修正したもので、脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりすることで、様々な被害が発生する可能性がある。

対象となるのは、IE 7からIE 11のバージョンで、マイクロソフトは、この脆弱性に関し「悪用の事実を確認済み」と、水飲み場型攻撃などのゼロディ攻撃に悪用されていたことを公表している。対象となるユーザーは、Microsoft Update、Windows Updateなどを用い、早急に修正プログラムを適用することが推奨される。

2015 年 8 月のマイクロソフト セキュリティ情報の概要(マイクロソフト社)
マイクロソフト セキュリティ情報 MS15-093 - 緊急(マイクロソフト社)
Internet Explorer の脆弱性対策について(CVE-2015-2502)(IPA)
マイクロソフト セキュリティ情報 (MS15-093) に関する注意喚起(JPCERT/CC)
【セキュリティ ニュース】IEゼロディ脆弱性、水飲み場攻撃で利用される - 通信先は韓国(Security NEXT)

【関連製品またはソリューションのご紹介】
サイバー攻撃対策ソリューション
高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

関連キーワード:

Internet Explorer

アップデート

マイクロソフト

脆弱性

  • ECサイトを騙りトロイの木馬「Retefe」に感染させる、日本のネットバンキングユーザーを狙う標的型攻撃が確認される
  • カテゴリートップへ
  • アシュレイ・マディソン(Ashley Madison)とは