1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 2015(平成27)年上半期のネットバンキング不正送金被害額は約15.4億円と増加傾向(警察庁)

2015(平成27)年上半期のネットバンキング不正送金被害額は約15.4億円と増加傾向(警察庁)

2015(平成27)年上半期のネットバンキング不正送金被害額は約15.4億円と増加傾向(警察庁)
警察庁は、9月3日、2015年上半期のインターネットバンキング不正送金事犯の発生状況を公表した。これによると、発生件数は754件、被害額は約15億4,400万円と、被害が減少していた昨年下半期から、再び増加に転じたことが明らかになった。

また、被害が信用金庫・信用組合、農業協同組合、労働金庫などに拡大している。特に信用金庫・信用組合は前半期の約4,800万円から約5億3,100万円と、被害額が10倍以上に増加している。

被害を受けた金融機関(144金融機関)の内訳は、都市銀行が11、地方銀行が34、信用金庫77、信用組合5、農協14、労働金庫3となっている。また、被害額の内訳は、個人口座が約10億4,600万円、法人口座が約4億9,800万円となっている。

警察庁は信用金庫に対し、当日送金の停止などの被害防止策の実施を要請している。なお、不正送金先の口座は、中国人名義のものが54.5%と過半数を占めていた。

なお、当ブログでは、ネットバンキング不正送金被害を防ぐポイントについて解説する記事を公開しているので(→リンク先)、ご一読をおすすめする。

・(PDF)平成27年上半期のインターネットバンキングに係る 不正送金事犯の発生状況等について(警察庁)
2015年上期の不正送金は15.4億円、信金・信組の被害は10倍増(ITmedia)
不正送金、信金で激増=ネット銀の被害拡大-「対策弱い機関へ移行」警察庁(時事ドットコム)
基本的な対策と情報収集がキモ! ネットバンキング不正送金被害を防ぐポイントについて聞いてみた(辻 伸弘のセキュリティ防衛隊)

【関連製品またはソリューションのご紹介】
サイバー攻撃対策ソリューション
高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

関連キーワード:

インターネットバンキング

不正送金

警察庁

  • iPhone人気に便乗した詐欺手口に注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • Logjam(ログジャム)とは