1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. トレンドマイクロが国内外の脅威動向を分析した「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

トレンドマイクロが国内外の脅威動向を分析した「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開

トレンドマイクロが国内外の脅威動向を分析した「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開
トレンドマイクロは、11月19日、日本国内および海外のセキュリティ動向を分析した「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ:見ただけで感染する『正規サイト汚染』の脅威」を公開した。

これによると、2015年7月〜9月の脅威動向ハイライトは大きく2点ある。1点目は、「脆弱性攻撃サイトへの誘導元の8割以上が『汚染された正規サイト』」だったことだ。

改ざんや不正広告が表示されるなどの「汚染された」正規サイトを経由する国内向けの攻撃が多数確認され、その割合は86%(日本国内からのアクセスを確認した42件の攻撃サイトのうち)だった。また、攻撃サイトからユーザーが感染する不正プログラムの6割以上が、オンライン銀行詐欺ツールやランサムウェアなどの金銭目的のプログラムだった。

なお、脆弱性攻撃サイトへのユーザーの誘導数は全世界的に増加傾向にあり、今期は約380万件と、対前年同期比で約9倍に増加している。

2点目は、「国内のオンライン銀行詐欺ツールが検出された端末台数が対前四半期比約2倍に」増加している点だ。

国内のオンライン銀行詐欺ツールが検出された端末台数は、2015年4月〜6月が4,300台だったのに対し、2015年7月〜9月は8,750台と約2倍に増加している。国内のネットバンキング利用者を狙うマルウェアが多数流通している点に注意が必要だ。

この報告書の全文は、同社のサイトからダウンロードが可能だ。

日本と海外の脅威動向を分析した「2015年第3四半期セキュリティラウンドアップ」を公開(トレンドマイクロ)

【関連製品またはソリューションのご紹介】
サイバー攻撃対策ソリューション
高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

関連キーワード:

ランサムウェア

不正広告

改ざん

攻撃サイト

正規サイト汚染

  • インシデントレスポンスとは
  • カテゴリートップへ
  • シマンテックが「ノートン サイバーセキュリティ インサイト レポート」を公開