1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 12月は前月の約10倍以上のフィッシング報告件数を確認

12月は前月の約10倍以上のフィッシング報告件数を確認

12月は前月の約10倍以上のフィッシング報告件数を確認フィッシング対策協議会は、1月4日、2015年12月の月次報告書を公開した。

これによると、フィッシング報告件数は2,540件と前月の246件より2,294件増加した。また、フィッシングサイトのURL件数は278件で、前月より182件増加している。そして、フィッシングに悪用されたブランド件数は17件で、前月より2件増加した。

同協議会によると、12月は、前月と比較して約10倍以上のフィッシング報告件数があった。手口の内訳は、金融機関をかたるフィッシングが98%を占め、年末にかけて複数の銀行でフィッシングが発生したことが原因として挙げられる。

同協議会では、フィッシングかどうかの判断に迷うメールや、不審なメールを受け取った場合は、各サービス事業者の問合せ窓口や同協議会まで連絡するよう呼びかけている。

フィッシング被害を未然に防ぐために、メールの取扱いには十分注意し、アクセスしたサイトが本物かどうか、「アドレスバー」のドメイン名を目視確認するなどの対応を心がけるとともに、IDやパスワードなどのアカウント情報の設定、管理は厳重に行う必要がある。

2015/12 フィッシング報告状況(フィッシング対策協議会)


サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る


関連キーワード:
  • ランサムウェア感染被害に備えた定期的なバックアップ取得を呼びかけ
  • カテゴリートップへ
  • ネットワーク対応のオフィス機器のセキュリティ状態を再点検するようIPAが注意喚起