1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 脆弱性を修正したWindows向け「QuickTime 7.7.9」を公開

脆弱性を修正したWindows向け「QuickTime 7.7.9」を公開

脆弱性を修正したWindows向け「QuickTime 7.7.9」を公開アップル社は1月7日(米国時間)、Windows向けQuickTimeの最新版である「7.7.9」を公開した。セキュリティアップデートで、対象OSは、Windows 7およびVistaとなっている。

同社のセキュリティ情報によると、メモリ破損の脆弱性を含む9件の脆弱性が修正されている。悪意をもって細工されたムービーファイルを開くと、アプリケーションが予期せず終了したり任意のコードが実行されたりする可能性がある。

最新版の「QuickTime 7.7.9」は「Apple Software Update」で更新が可能なほか、同社のサイトから最新版を入手することもできる。

QuickTime 7.7.9 のセキュリティコンテンツについて(Apple サポート)
アップル、深刻な脆弱性を修正したWindows版「QuickTime 7.7.9」公開:(セキュリティ通信:So-netブログ)
Apple、Windows版QuickTimeの脆弱性を修正(ITmedia)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:
  • ネットワーク対応のオフィス機器のセキュリティ状態を再点検するようIPAが注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • ホエーリングとは