1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IPAがセキュリティ注意喚起情報をサイトに表示する「icat for JSON」を公開

IPAがセキュリティ注意喚起情報をサイトに表示する「icat for JSON」を公開

IPAがセキュリティ注意喚起情報をサイトに表示する「icat for JSON」を公開独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)は、2月22日、サイバーセキュリティ注意喚起サービス「icat for JSON」を公開した。これは、IPAが公開していたicat(アイキャット)について、サイト閲覧にAdobe Flash Playerを必要としないツールとして新たに公開されたものだ。

「icat」は、IPAの注意喚起情報をリアルタイムに配信するツールとして、2011年11月に公開された。Webサイトの管理者などが、IPAが公開するHTMLタグを埋め込むことで、IPAの注意喚起情報をWebサイト上に表示することができる。組織等のポータルサイトや会員向けサイト上などに設置することで、サイト利用者に向けてセキュリティ対策をリアルタイムに周知することが期待される。

従来の「icat」はFlash版で、これまで「icat」が埋め込まれたサイトを閲覧するためには、ユーザー側の環境にAdobe Flash Playerが必要だった。しかし「icat for JSON」はJavaScriptをベースに作られており、サイト閲覧にFlashを必要としないため、より安全な環境で利用できるという。IPAでは、問題の一層の周知と対策が促進されることを期待する旨、コメントしている。

プレス発表 サイバーセキュリティ注意喚起サービス「icat for JSON」の公開(IPA)


日立ソリューションズのセキュリティソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

icat

IPA

サイバーセキュリティ注意喚起サービス

  • APWG(Anti-Phishing Working Group)とは
  • カテゴリートップへ
  • 2016年2月のIT総括