1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. 「TeslaCrypt」「Locky」ランサムウェアの感染を狙ったメール攻撃が一週間で20万件以上検出される

「TeslaCrypt」「Locky」ランサムウェアの感染を狙ったメール攻撃が一週間で20万件以上検出される

「TeslaCrypt」「Locky」ランサムウェアの感染を狙ったメール攻撃が一週間で20万件以上検出されるキヤノンITソリューションズは、3月14日、ランサムウェアの感染を狙った不審なメールが20万件以上検出されたとして、同社が運営する「マルウェア情報局」で注意を呼びかけた。

これは、3月2日から3月9日までの約一週間で、「TeslaCrypt」「Locky」のランサムウェア感染を狙った不審メールが20万件以上確認されたというもの。これらのマルウェアは、パソコン内に保存されたデータのファイルを暗号化し、拡張子が「.vvv」や「.locky 」に変更されて、ファイルが閲覧できなくなる被害が相次いだことでも話題となった。

同社では、2015年12月に発生した「TeslaCrypt」の感染を狙ったばらまき型メールと、2016年2月に発生した新種「Locky」の感染を狙ったばらまき型メールの亜種であると分析。とくに、日本での検出量が突出していると言及している。

これらのメールの多くは「請求書」を装っており、添付されていたファイル(マルウェア)は、「TeslaCrypt」や「Locky」をダウンロードし発症させる仕組みを持っている。

同社では、今後も同じようなばらまき型のメール攻撃が継続されることが考えられるため、メールの取り扱いに注意するよう呼びかけている。また、万が一のランサムウェアの感染に備え、重要なデータは定期的にバックアップを取るなどの対策を講じることが推奨される。

「TeslaCrypt」「Locky」ランサムウェアの感染を狙ったメール攻撃が一週間で20万件以上の検出を確認(マルウェア情報局)
vvvウイルス再び猛威か、1週間で攻撃メール20万件(マイナビニュース)


日立ソリューションズのセキュリティソリューション

CylancePROTECT

CylancePROTECT

AI(人工知能)技術のひとつである機械学習を利用したパターンファイルを必要としない方式で、既知、未知問わずにマルウェアを検知する次世代マルウェア対策製品です。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Locky

TeslaCrypt

マルウェア

ランサムウェア

  • OpenSSHに情報漏えいの脆弱性、更新版プログラムが公開
  • カテゴリートップへ
  • 平成27年は3,828件の標的型メール攻撃を確認と警察庁が発表