1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルがOS X向けの最新版「10.11.4」とiOSの最新版「9.3」を公開

アップルがOS X向けの最新版「10.11.4」とiOSの最新版「9.3」を公開

アップルがOS X向けの最新版「10.11.4」とiOSの最新版「9.3」を公開アップル社は、3月22日、OS Xの最新版である「10.11.4」(El Capitan)、およびiOSの最新版「iOS 9.3」を公開した。また、OS Xのセキュリティアップデート(「2016-002」)、Webブラウザー「Safari」の更新版(「9.1」)も公開した。

これによると、「10.11.4」(El Capitan)、「2016-002」は、各OS X共通の中核となるソフトウェア(カーネル)でメモリー破壊が発生する問題などをはじめ、深刻な脆弱性が多数修正されている。なお、「2016-002」は「10.10」(Yosemite)、「10.9」(Mavericks)に対応する。

また、Safariの最新版「9.1」は、画面を表示するためのレンダリングエンジン「WebKit」をはじめとする脆弱性が修正された。これらの最新版への更新は、アップルメニュー→「ソフトウェア・アップデート」で入手できる。

一方、「iOS 9.3」は、iPhone 4s以降、iPad 2以降、iPad mini、iPod touch第5世代以降に対応する。最新版への更新は、端末の「設定」をタップし「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進むか、端末をパソコンに接続してiTunes経由でアップデートすることができる。

いずれも、対象となるユーザーは早急な適用が推奨される。

・(英文)「10.11.4」および「2016-002」のセキュリティアップデートについて(アップル社)
・(英文)Safari更新版「9.1」について(アップル社)
・(英文)iOS 9.3のアップデートについて(アップル社)
複数の Apple 製品の脆弱性に対するアップデート(JVNVU#97668313)
アップル、OS X/Safari/iOSの最新版を公開(セキュリティ通信:So-netブログ)


日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

El Capitan

OS X

Safari

セキュリティアップデート

  • 平成27年は3,828件の標的型メール攻撃を確認と警察庁が発表
  • カテゴリートップへ
  • ネットバンキングの認証情報を盗むモバイルマルウェアがAndroid端末で確認される