1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IBMが「メール利用の攻撃が16.4倍に増加」と発表

IBMが「メール利用の攻撃が16.4倍に増加」と発表

IBMが「メール利用の攻撃が16.4倍に増加」と発表日本IBMは、9月8日、同社のセキュリティ・オペレーション・センター(SOC)において観測された情報に基づく「2016年上半期Tokyo SOC情報分析レポート」を発表した。これは、主に国内の企業環境に影響を与える脅威の動向をまとめたレポートで、半年ごとに公表しているものだ。

この中で、メールを利用した不正な添付ファイルによる攻撃が前期比16.4倍に増加したことが明らかになった。また、不正な添付ファイルの形式はZIPで圧縮されたJavaScript形式のファイルが大半を占め、感染するマルウェアの多くはランサムウェアまたは金融機関のネットバンキングを狙ったマルウェアだった。

一方、ドライブバイダウンロード攻撃の検知件数は前期比で6分の1以下と大幅に減少している。企業側の脆弱性対策が進んだことなど複数の要因が影響しているという。

そして、日本語のメールによる攻撃では、以前のように不自然な日本語で記載された文面だけではなく、正規のメールや公開情報を流用したと考えられる自然な日本語の文面が利用されている。レポートでは、メールの文面のみでは不正なメールかどうかを判断することが困難だと指摘している。なお、日本語の文面による攻撃で感染するマルウェアのほとんどは金融マルウェアだった。

同レポートは、同社のサイトから入手できる。

メール利用の攻撃が16.4倍に増加、2016年上半期Tokyo SOC情報分析レポート(日本IBM)
メール利用攻撃が急増、「自然な日本語」で金融マルウェア配布(日本IBM)(セキュリティ通信:So-netブログ)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IBM

SOC

マルウェア

ランサムウェア

金融機関

  • 2016(平成28)年上半期のネットバンキング不正送金被害額は約8.9億円と大幅減少(警察庁)
  • カテゴリートップへ
  • Android向けランサムウェアがこの1年で4倍に急増