1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. Android向けランサムウェアがこの1年で4倍に急増

Android向けランサムウェアがこの1年で4倍に急増

Android向けランサムウェアがこの1年で4倍に急増トレンドマイクロ社は、9月15日、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末利用者にランサムウェアの被害が広がっているとして注意を呼びかけた。

同社の統計によれば、Android向けランサムウェアの全世界における検出数は、2016年8月に約19万3,000個と、前月に比べ約2倍の過去最大となる検出数だった。とくに、日本国内の利用者からの検出は全体の13.5%を占め、日本にも相当数の脅威が流入していることがわかる。

また、実際にトレンドマイクロが確認したAndroid向けランサムウェアの検体数は、2016年8月の累計は約13万個で、前年同期(約3万2千個)から4倍に急増している。実にこの1年で9万個以上のランサムウェアが登場した計算だ。

Android向けランサムウェアの傾向として、端末を「人質」にとって使用不能にする「端末ロック型」と、法執行機関を偽装する「ポリスランサム」の手口がほとんどすべてを占めている。

同社は、ランサムウェアの被害に遭わないために、アプリの入手は、「Google Play」をはじめとする公式の流通マーケットから入手するよう呼びかけている。正規の「Google Play」からアプリを入手する際にも、アプリの開発者、レビュー、インストール数などの項目をチェックすることで、不審点に気づくことができる場合がある。

また、意図せずインターネット上の不審なファイルをインストールしないよう、Android OS のセキュリティ設定から「提供元不明のアプリのインストールを許可する」の設定を無効にしておくことが推奨される。

攻撃者は、動画再生などの実行に必要なアプリ、便利な機能を実現するアプリ、システムアップデートやセキュリティ対策上必要なアプリなどの名目で利用者をだまし、不正アプリをインストールさせる場合がある。メールやWeb閲覧時に表示されるメッセージなどでアプリのインストールを促された場合には、特に警戒を怠らないことが重要だ。

最新モバイル脅威事情:1年で4倍!急増するモバイルへのランサムウェア攻撃(トレンドマイクロ セキュリティブログ)
Android端末を狙うランサムウェアが増加、端末を操作できないようにする「ロック型」(INTERNET Watch)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Android

トレンドマイクロ

ポリスランサム

ランサムウェア

  • IBMが「メール利用の攻撃が16.4倍に増加」と発表
  • カテゴリートップへ
  • 平成28年上半期は1,951件の標的型メール攻撃を確認と警察庁が発表