1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. アップルがiOSの最新版「10.2」を公開

アップルがiOSの最新版「10.2」を公開

アップルがiOSの最新版「10.2」を公開アップル社は、12月12日(米国時間)、iOSの最新版「iOS 10.2」を公開した。アップデートは、iPhone 5以降、iPad第4世代以降、iPod touch第6世代以降が対象となる。

「iOS 10.2」では、ロック画面からパスワードを入力せずに写真や連絡先にアクセスできてしまう脆弱性(CVE-2016-7653)、パスコードのリセットにおけるカウンターの問題により、ロックが解除できてしまう脆弱性(CVE-2016-4781)など、端末のロックにかかわる複数の脆弱性を含む計12件の脆弱性が修正された。

また、機能改善では、マナーモードに設定することでスクリーンショット撮影時のシャッター音を無音にできるようになったほか、通常撮影時のシャッター音の音量も小さくなっている。

iOSの最新版への更新は、端末の「設定」をタップし「一般」→「ソフトウェア・アップデート」に進むか、端末をパソコンに接続してiTunes経由でアップデートすることができる。対象となるユーザーは早急な適用が推奨される。

・(英文)iOS 10.2のセキュリティコンテンツについて(アップル社)
アップル、深刻な脆弱性の修正を含む「iOS 10.2」を公開(セキュリティ通信:So-netブログ)
12件の脆弱性を修正した「iOS 10.2」、シャッター音が小さくなり、100の絵文字追加(INTERNET Watch)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

iOS

OS

アップル

脆弱性

  • IPAが「サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説書」を公開
  • カテゴリートップへ
  • JPCERT/CCが長期休暇の情報セキュリティ対策について注意喚起