1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IDCが、2016年の国内の情報セキュリティ製品市場規模を2,807億円(前年比4.0%増)と発表

IDCが、2016年の国内の情報セキュリティ製品市場規模を2,807億円(前年比4.0%増)と発表

IDCが、2016年の国内の情報セキュリティ製品市場規模を2,807億円(前年比4.0%増)と発表IT専門調査会社 IDC Japanは、1月5日、国内情報セキュリティ製品市場予測を発表した。

これによると、2016年の国内情報セキュリティ製品市場規模は、前年比4.0%増の2,807億円と推定される。このうち、セキュリティソフトウェアの市場規模は前年比4.2%増の2,339億円、また、SaaS(Software as a Services)型で提供されるセキュリティソフトウェアの市場規模は前年比20.2%増の173億円と推定される。そして、セキュリティアプライアンス製品の市場規模は前年比3.2%増の468億円と推定される。

2017年以降は、サイバー攻撃対策と個人情報保護対策への需要が拡大し、2015年〜2020年の年間平均成長率は4.5%、2020年には3,359億円まで成長することが予測される。

2017年以降の国内セキュリティソフトウェア市場は、さらなる需要拡大が見込まれる。これは、2019年に開催されるラグビーワールドカップや2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックでの重要な社会インフラへのサイバー攻撃の対策需要の高まりや、マイナンバー法や改正個人情報保護法の法規制による個人情報への保護対策強化等が要因だ。同市場の2015年〜2020年における年間平均成長率は4.4%で、市場規模は2015年の2,246億円から2020年には2,792億円まで拡大することが予測される。

また、2017年以降のSaaS型セキュリティソフトウェア市場は、クラウド型のセキュリティゲートウェイよるセキュリティ対策への需要が高まるとみられる。これは、デジタル変革により、社内・社外に関わらずさまざまなエンドポイントデバイスから情報資産を活用する機会が多くなるためだ。同市場の2015年〜2020年における年間平均成長率は15.8%で、市場規模は2015年の144億円から2020年には299億円に拡大すると予測される。

そして、2017年以降の国内セキュリティアプライアンス市場は、重要社会インフラへのサイバー攻撃の対策需要と、マイナンバー法や改正個人情報保護法の法規制による個人情報への保護対策強化によって、需要が拡大するとみられる。同市場の2015年〜2020年における年間平均成長率は4.6%で、市場規模は2015年の454億円から2020年には567億円に拡大すると予測される。

今回の発表は、IDCが発行した「国内情報セキュリティ市場予測アップデート、2016年〜2020年」に詳細に報告されている。

国内情報セキュリティ製品市場予測を発表(IDC Japan)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IDC

SaaS

アプライアンス

サイバー攻撃

セキュリティソフトウェア

個人情報

  • 12月は金融機関やオンラインゲーム、LINE、Appleをかたるフィッシングの報告件数が増加
  • カテゴリートップへ
  • ラックが「IoT機器の乗っ取り」攻撃が多発しているとして注意喚起