1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. マイクロソフトが、IE/Edge向け「Flash Player」のセキュリティパッチを定例外で公開

マイクロソフトが、IE/Edge向け「Flash Player」のセキュリティパッチを定例外で公開

マイクロソフトが、IE/Edge向け「Flash Player」のセキュリティパッチを定例外で公開マイクロソフトは、2月22日(日本時間)、定例外アップデートとして、更新プログラム(KB4010250)に関するセキュリティ情報「MS17-005」を公開した。これは、Adobe Flash Playerの脆弱性を修正するセキュリティアップデートに伴うもので、Windows Updateを通じて配信されており、自動的に更新される。

MS17-005は、Internet Explorer(IE)およびEdgeに搭載されるAdobe Flash Playerの脆弱性を修正するもので、対象となるOSは、Windows 10/8.1、Windows RT 8.1、Windows Server 2016/2012 R2/2012。修正される脆弱性はCVE番号ベースで13件となっており、いずれも悪用されるとシステムが乗っ取られる可能性がある深刻度の高いものだ。このため、対象となるユーザーは速やかにアップデートすることが推奨される。

当初、2月15日の定例アップデートで公開される予定だったが、公開直前に問題が発見され、提供が延期されていた。3月分の月例パッチ公開のタイミングで配信されると見られていたが、Flash Playerの脆弱修正は緊急を要することから、今回の定例外アップデートとなった。

マイクロソフト セキュリティ情報 MS17-005 - 緊急(マイクロソフト)
Adobe セキュリティ情報(APSB17-04)(アドビ)
マイクロソフト、IE/Edge用「Flash Player」のセキュリティパッチ公開(セキュリティ通信:So-netブログ)
Microsoft、「Adobe Flash Player」のセキュリティパッチを"Windows Update"で公開(窓の杜)
Microsoft、定例外でIE/Edge用の修正パッチを公開、ひとまずFlashの脆弱性に対処(INTERNET Watch)


日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

Edge

Flash Player

IE

マイクロソフト

脆弱性

  • 「MyJCB」をかたるフィッシングに注意喚起
  • カテゴリートップへ
  • ペイロード(payload)とは