1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. マカフィーが「McAfee Labs脅威レポート: 2017年4月」を発表

マカフィーが「McAfee Labs脅威レポート: 2017年4月」を発表

マカフィーが「McAfee Labs脅威レポート: 2017年4月」を発表マカフィー社は、4月17日、2016年第4四半期(10月〜12月)に確認された脅威動向に関する報告書「McAfee Labs脅威レポート: 2017年4月」を発表した。

これによると、2016年全体でランサムウェアは前年比88%増加し、モバイル マルウェアは前年比99%増加、さらに、2016年通年で発見されたマルウェアのサンプル合計数は6億3,800万個と前年比で24%増加している。

また、Mac OSマルウェアは、Windowsの脅威と比較すると数は少ないものの、第4四半期に発見された新規サンプル数は前期比245%の急増を見せており、2016年通年でみても、検出されたサンプル合計数は前年比744%と大幅に増加している。

そして、マカフィー社が確認した、情報漏えいをはじめとするセキュリティインシデント(事案)の件数は、第4四半期で197件、2016年全体では、974件が一般開示されている。

一方で、IoT機器のマルウェアの感染も顕著だ。McAfee Labsの試算では、2016年第4四半期末までに250万台のIoTデバイスがMiraiに感染したと予測。これは、毎分5台のIoTデバイスのIPアドレスが、Miraiに感染していた計算だ。Miraiは、ネットワークカメラや家庭用ルーター、デジタルビデオレコーダといったネットワーク接続機能を有した機器に感染し、大規模なDDos攻撃を仕掛けることで知られる。

マカフィー社では「Miraiのソースコードが一般公開されたことで、セキュリティが脆弱なIoTデバイスを利用したDDoS攻撃が実行しやすくなった」と指摘している。

マカフィー、2016年第4四半期の脅威レポートを発表(マカフィー)
ランサムウェアは減少傾向も、macOSを狙うマルウェアが前年比約7倍に――マカフィーが脅威レポートを公開(ITmedia)

日立ソリューションズの関連ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

サイバー攻撃対策ソリューション

高度化する標的型攻撃、マルウェア、DDoS攻撃に加え、リスト型攻撃、オンライン不正送金などに対応する最適なサイバー攻撃対策をコンサルテーションからシステム運用・監視までトータルに提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IoT

Mirai

マカフィー

マルウェア

ランサムウェア

  • IPAが「企業のCISOやCSIRTに関する実態調査2017」報告書を公開
  • カテゴリートップへ
  • 2017年4月のIT総括