1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. JPCERT/CCがネット接続状態にあるPCやサーバーのセキュリティ対策について注意喚起

JPCERT/CCがネット接続状態にあるPCやサーバーのセキュリティ対策について注意喚起

JPCERT/CCがネット接続状態にあるPCやサーバーのセキュリティ対策について注意喚起一般社団法人JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は、6月28日、「インターネット経由の攻撃を受ける可能性のある PC やサーバーに関する注意喚起」を公開した。

JPCERT/CCには、組織外に持ちだしたPCをネット接続している場合や、サーバーやPCにグローバルIPアドレスを割り当て、遠隔から管理するような場合に、マルウェアに感染したり、攻撃者に不正に侵入されたりするなどの報告が寄せられているという。

インターネットにアクセス可能な状態のPCやサーバー等のセキュリティ対策が適切でないことが主な原因と見られ、「特にここ数ヵ月において、同様の原因によって大きな被害が生じている」ことが確認されたため、組織のネットワーク管理者や利用者に対し、注意喚起を行ったもの。

ネット接続可能な状態のPCやサーバー等に適切なセキュリティ対策が行われていないと、攻撃者に不正にネットワークに侵入されたり、他のネットワークへの攻撃の踏み台として悪用されたりする可能性がある。

こうしたサイバー攻撃の被害を防ぐために、JPCERT/CCでは、組織のネットワーク管理者や利用者に対し、使用するPCやサーバー等が、意図せずインターネットからアクセス可能な状態にないかを確認するとともに、「ファイアウォール等を適切に設定する」「不要なサービスを無効化する」「OSやソフトウェアのアップデートを行う」「デフォルトの設定を見直す」といった適切なセキュリティ対策を検討するよう呼びかけている。

インターネット経由の攻撃を受ける可能性のある PC やサーバーに関する注意喚起(JPCERT/CC)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

JPCERT/CC

サイバー攻撃

サーバー

ファイアウォール

マルウェア

  • 警察庁が「サイバーポリスエージェンシー」を開設
  • カテゴリートップへ
  • 2017年6月のIT総括