1. 情報セキュリティブログ ホーム
  2. セキュリティニュース
  3. IDCが国内向けモバイルセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内向けモバイルセキュリティ市場予測を発表

IDCが国内向けモバイルセキュリティ市場予測を発表IT専門調査会社 IDC Japanは、9月5日、国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測(2017年〜2021年)を発表した。2016年の国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場は、前年比16.4%増の65億円。同市場の2016年〜2021年の年間平均成長率は14.7%で、売上額をベースにした市場規模は2016年の65億円から、2021年には130億円に拡大すると予測される。

同社は、企業向けモバイルセキュリティ市場を「モバイルエンタープライズセキュリティ市場」とし、「モバイルアイデンティティ/アクセス管理」「モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理」「モバイルセキュリティ/脆弱性管理」「その他モバイルセキュリティ」に分類している。なかでも、高い成長率で成長し、同市場を牽引していくのがウィルス対策やフィルタリングなどを含む「モバイルセキュアコンテンツ/脅威管理」であるとIDCは予測する。

また、クラウドサービスの利用が拡大し、モバイルデバイスの業務活用も増え、グループウェアなどの情報系システムから基幹系システムなどに利用シーンが拡大することが考えられる。この結果、アクセス管理やシングルサインオン、生体認証などの認証技術の重要性が高まり、「モバイルアイデンティティ/アクセス管理」「モバイルセキュリティ/脆弱性管理」といった需要が拡大するとIDCは見込んでいる。

一方、従業員が企業の管理下にないモバイルデバイスやクラウドサービスなどを利用する「シャドーIT」のリスクがさらに高まっていくことも考えられる。マルウェア感染や情報漏えいなどの脅威が懸念され、情報資産へのアクセスコントロールやユーザーの挙動分析、アプリケーションの稼働監視など幅広いソリューションが必要となってくる。

こうした状況下で、モバイルデバイスを十分に活用するには、モバイルデバイスに最適化され、利便性と安全性が高いモバイルアプリケーションの活用が必要で、モバイルアプリケーションのセキュリティが重要性を増していくとIDCは言及している。

今回の発表は、IDCが発行した「国内モバイルエンタープライズセキュリティ市場予測、2017年〜2021年」に詳細に報告されている。

国内企業向けモバイルセキュリティ市場予測を発表(IDC Japan)

日立ソリューションズのセキュリティソリューション

クラウド・モバイルセキュリティソリューション

クラウド・モバイルセキュリティソリューション

ID管理・認証強化、モバイルデバイス管理、マルウェア対策などのセキュリティソリューションを最適に組み合わせることで、クラウド・モバイル利用時のセキュリティリスクの軽減を実現します。

詳しく見る

トータルセキュリティソリューション

トータルセキュリティソリューション

確かな技術と豊富な経験・実績を持つ日立ソリューションズだからできる様々なセキュリティニーズに対応したソリューションをご提供します。

詳しく見る

関連キーワード:

IDC

クラウドサービス

シャドーIT

マルウェア

モバイルセキュリティ

情報漏えい

  • 8月のフィッシング報告件数は対前月比でほぼ倍増。Appleをかたるフィッシングが多数報告
  • カテゴリートップへ
  • 「Apache Struts 2」に深刻な脆弱性が確認される(「CVE-2017-9805」)